転職・退職

看護師3年目での転職はおすすめできない理由とは?失敗しないポイントは?

マイナビ看護師 [求職者募集]
ナス子
ナス子

看護師3年目に差し掛かったけどもうそろそろ転職も考えたいなぁ。

正直私だけが辞めたいって悩んでるのかなぁ?

もし転職するってなったときの注意することとか、ポイントとかあったら知りたいなぁ。

パイセン
パイセン
今回は看護師経験2年経ち、3年目に突入したあなたの上のような質問に答えていきます。
マイナビ看護師 [求職者募集]

看護師3年目で『辞めたい』『転職したい』と悩む理由とは?

さて、3年目に入ると段々自分のペースで仕事もできるようになり、周りも見ながら看護をできるようになっていると思います。

しかし、ふとしたときに辞めたいと感じることもあるはず。そんな3年目看護師が辞めたいとおもう理由は以下のようなものがあるようです。

  • 給料を上げたい
  • 業務が多忙、残業を減らしたい
  • 人間関係をリセットしたい
  • スキルアップしたい
  • 奨学金免除期間(お礼奉公)が終わるから
  • 結婚や出産を考えたい
  • 同期と比べられたくない
  • 理想の看護ができないから
  • 仕事を押し付けられるから

給料や業務量、残業は鉄板の転職理由

看護師なら誰しもがおもうことかもしれませんが、やはり給料や業務量などの待遇面は目に付くものです。

先輩と同じ業務をしていても給料が安いとなるとなんだか釈然としない気持ちになることもありますよね。

また、業務量が多すぎて日勤帯のうちに終わらず、結果記録に追われてサービス残業なんてことも珍しい話ではないです。夜勤でも同じように昼ごろまで残って記録をしなくてはいけないなんてこともちらほら見受けます。

人間関係が複雑でリセットしたい

人間関係もしばらく過ごすうちにどんどん嫌な派閥関係が築かれていったり、思わぬスタッフ同士のトラブルに巻き込まれたりと女の世界では起こりがちなこと。すぐに鎮静化すればいいのですが、根に持つ人も多いので長期冷戦に移行するケースも。心理的にもきつくなります。

看護師として目標ができ、スキルアップしたい

3年目にもなるとエキスパートとまでもいえなくとも、看護技術や知識の基礎部分は出来上がり自分がやりたい看護や分野がすこしずつ見えてくる時期です。

そうなると自分のいきたい分野に転職したいと思うのは当然のことです。

前向きな理由でとても好感が持てます。

奨学金免除期間が終了するから

学生の頃ある病院から奨学金をもらって学業に励んでいた人は、その病院にお礼奉公という形で2年ないし3年の勤務で奨学金が免除されるという制度があります。

それに該当する人は、この2年間を耐えてようやく奨学金免除期間が終了したため、自分のいきたい病院や専門分野に転職できるようになります。

ただ注意が必要なのは、奨学金制度の規定をしっかりと読み込んでから転職を行いましょう。何月付けまで免除の期間になるかなど細くチェックしておかないと後でまだ奨学金免除期間が終わっていなかったという落とし穴が待っているかもしれませんよ。

結婚や出産を考えている

社会人になって3年目にもなると恋人と結婚の話が出ていたり、もしくは結婚をすでにしていて子ども考えている人も少なくないでしょう。

しかも看護師としての経験もすこしついてきてここまできたら生活リズムが変わることに合わせて転職も視野に入れてもいい頃です。

ただ、結婚や出産については見通しが立っているのであればいますぐにで動くべきですが、まだ見通しが立っていないのであれば焦らない方が良いかもしれません。いまの条件で就職できるところばかりではないのが難しいところです。

同期と比べられたくない

同じ期間、同じ環境で働いていても物覚えや仕事の処理速度には差が出てきて同期と比べられてしまうことも増えてきます。

そこで自分ができていないと再認識して嫌な気持ちになることは私もありました。

そこで環境を変えるべく転職しようとおもうのは至極自然なことです。しかしよく考えてみるのも大切です。その環境で3年間しっかり基礎を学んでからでも遅くないのかもしれません。

同期と比べられてつらいかもしれませんが、未熟なまま他へいったら余計辛い思いをする可能性も頭に入れておきましょう。

理想の看護ができないから

急性期病棟ではよくある現状が、『患者と寄り添えない』『理想の看護ができない』といったジレンマ。

実際急性期病棟では日常の業務が忙しくあまり患者に関わる時間がないですよね。そこで自分が思い描いていた看護師像からかけ離れた看護を行なっていて幻滅してしまい転職したくなるということはよくあることです。

もし、業務に押しつぶされて自分のやりたい看護ができていないと感じているのであれば一度転職をしてみるのもいいでしょう。

急性期の病棟はさけて、慢性期や回復期の病棟での勤務が望ましいでしょう。

仕事を押し付けられるから

3年目にもなると後輩もできており、ある程度仕事もできるので委員会活動や研究などで仕事を押し付けられてしまうこともしばしば増えてきます。

また、プリセプターにもなることが増えてきて自分だけでなくプリセプティーのことも気にしなくてはいけないため、教えるための勉強も増えて業務量が増えていきます。

給料が増えていないのに仕事量だけが増えていく感じがして嫌になる気持ちはよくわかります。私も実際プリセプターになったときには教えるためのエビデンスをしっかりと押さえて指導にあたっていたので疲れ果てていたのを思い出します。私はこの経験がいまの看護に活かせていると感じているのでいいのですが、そう思えない方には辛いかもしれません。

仕事を任さられるということは信頼されていると捉えて前向きに取り組めれば理想ですが、負担な方は無理せず転職も視野に入れていきましょう。

看護師3年目は転職に適切なタイミング?

看護師3年目は転職に適切なタイミングなのかですが、実は3年目での転職はすこし待ったをかけさせてほしいのです。

結論をいいますと、3年目ではなく4年目の夏のボーナス以降の転職が望ましいです。

理由は以下の3つがあります。

3年目の転職をおすすめしない理由
  • 給料が上がらないかのうせいがあるから
  • 退職金がもらえない可能性があるから
  • 3年勤めあげるメリットが大きいから

順番に解説していきます。

給料が上がらない可能性があるから

3年目ということは要するに2年間は看護師として勤め上げたということを示します。

つまり、世間の評価は2年間の業務経験がある看護師ということになります。

そうなると初任給にすこし色をつける程度の給料しかもらえない可能性が非常に高くなるのです。

一方で求人票や看護師転職サイトの募集をよくみてみると3年経験者優遇、3年経験優先などが目に入ってきませんか?

これをみる通り『3年間看護師経験がある』の方がネームバリューが大きいのです。

よく聞く看護師は3年勤めて一人前というのは何も看護技術や知識だけの話ではなく、給料の面もさして行っているわけです。

少しでも高給料のところに就職したい、いい条件で転職したいと考えているあなた。

もしかするといまのいさみ足を止めてあと1年辛抱した方があなたの理想の高給料で好条件の転職先が見つけやすいですよ。

退職金がもらえない可能性があるから

あなたの病院の退職金規定はどのようになっているでしょうか?

職務規定、就労規則などに記載されているので今一度ご確認ください。

なぜ確認が必要かというと、退職金がもらえる条件が『3年勤続』という文言が入っている可能性が高いからです。

これは裏を返せば、3年勤務していなければ退職金もらうことができないということになります。

そのため、3年目のあなたが辞めてしまうと2年の勤続なので退職金がもらえない可能性があります。

単純に計算しても3年の退職金であれば50万前後はもらえる可能性が高いのでこれをもらえるのともらえないのとでは大きな差ができます。

4年目の夏のボーナスと同時に辞める算段をとれば、基本給+ボーナス+退職金となりそれだけで引っ越しの資金以上のものになることは容易に予想できますよね。

3年勤めあげるメリットが大きいから

上記の2つはお金に関することでしたが、ここでは3年勤め上げるメリットについて簡単に紹介させてください。

まず3年勤め上げるということはそれだけで、転職先の評価も高くなります。

例えば1年経ったら転職、1年経ったら転職と転々としての3年看護師をしている方と、3年間同じ病院で勤め上げた看護師どちらがあなたは採用したくなりますか?

3年勤めてあげた看護師さんの方が採用したくなりませんでしたか?

やはり、同じ環境でずっと仕事をし続けたというのはそれだけで、忍耐強さや責任感の強さ、辛抱強さといった印象を与えることができます。

たとえつぎの転職先ですぐに辞めてしまったとしても『以前に3年勤めあげているのであれば大丈夫でしょう』といった採用側の心理が働きます。

そのため、長い目でみても、3年間同じ病院で勤めあげてから転職するというのはあなたの人生にとって有利に働きますよ。

3年目での転職に待ったをかけたものの、転職したいという方もたくさんいるとおもうので3年目の転職で失敗しないためのポイントをいくつか紹介させていただきます。

3年目看護師が転職するときの3つのポイント

看護師3年目で転職する決意をしたのであれば以下の3つのポイントをに沿って転職先を検討することをおすすめします。

転職の3つポイント
  • 給料がアップできるのか?
  • 内情よく把握できているか?
  • 身近な人に相談できているか?

どれも重要なことなので順番に解説していきます。

給料がアップできるのか?

まず3年目の転職に限らず転職するのであれば誰しも給料はアップさせたいものです。

専門的な内容の看護を経験したいのでその病院以外は難しいというなんらかの理由がない限りはいまの給料よりも良い条件で転職できるようにすべきです。

額面上でどうなるかまでしっかりと把握した上で転職に望むべきです。なぜなら転職して給料明細をみて給料が前のときより低いとなってからでは遅いからです。

転職先の内情をよく把握できているか?

現在の環境に不満がある方はよい環境に行けるかもしれないと淡い期待を寄せて転職を希望しているかもしれません。

しかし大切なのは転職する前に転職先の内情をよく把握したうえで転職することです。

内情とは、業務量がどの程度あるのか、残業時間は平均何時間あるか、人間関係がどのような雰囲気か、など実際に仕事をしている人から話を聞くのが一番リアルな情報を得られます。友人や知人に転職先の病院で働いている人がいないか確認してみましょう。

身近な人によく相談して決めれたか?

最後は、あなたの身近な人によく相談してから決めましょう。これは一番基本的なことですが、家族はもちろんのこと、同期や先輩などあなたの身近な人から転職について相談してよく話し合ってから決めましょう。

逆に周りの人が口が軽くて相談できないという人のために当サイトでおすすめしているのが転職サイトのアドバイザーです。

看護師転職サイトのアドバイザーに相談で転職が成功する?

先程紹介したように、給料アップを本格的に希望するのであれば面接や転職先とのやりとりの際に給料条件の交渉が必要になりますし、内情を知ろうとすれば現場で働いている看護師さんから直接話を聞きたくなるはずです。

でも実際そこまで自力でやるのは負担ではありませんか?

そこで当サイトがおすすめしているのが、看護師転職サイトのアドバイザー経由で調整を行う転職方法です。

転職サイトとは、看護師の転職のプロがあなたの経歴や希望条件からあなたにぴったりの転職先を調整してくれるサービスです。

サービスは以下のように受けることができます。

  • 退職の手続きへのアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書へのフォロー
  • 自分にマッチした求人探し
  • 面接や見学、入職日などの日程調整
  • 面接対策や面接への付き添い
  • 人間関係や環境などの内部情報提供
  • 給料や勤務条件の交渉
  • 転職後のサポート

これらのサポートがすべて無料で受けることができるんです。なぜ無料なのと思ったかたは『看護師転職サイトが無料で使えるのか?』を参考にしてみてください。また、転職サイトについて詳しく知りたい方は『看護師転職サイトとは?世界で一番わかりやすく解説!』を参考にしてください。

先程紹介した給料の交渉も必ずしてくれるので希望の給料をしっかりと伝えて人事担当者と転職サイトのアドバイザーとで調整を行ってもらいましょう。

ちなみに給料交渉をするのとしないのとでは2万〜4万程の給料の差が出ることもあります。つまり年間で考えると24万〜48万ほど、3年勤務すると考えると70万〜150万程の差になるのです。

3年目での転職を失敗に終わらせたくないという方は、看護師転職サイトへの登録をおすすめします。

まとめ

看護師3年目の転職はあまりおすすめのタイミングではなく、理想は4年目の夏期ボーナス後であることを確認しました。

やはり3年勤め上げた方が高給与での転職が望めますし何より高待遇での転職の成功率がアップします。

ただ、それでも3年目で転職したいという方のために、押さえておくべきポイントを3つ紹介しましたね。給料、内情把握、身近な人に相談するというのは大切なポイントなので押さえておきましょう。

自力でそこまで交渉できない、調べられないという方は転職サイトの利用をおすすめします。

当サイトでもおすすめの転職サイトを紹介しているので参考にしてみてくださいね。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ