転職・退職

一人で大丈夫?看護師が自分で探す転職をするときのポイントとは?

マイナビ看護師 [求職者募集]
ナス子
ナス子
看護師が転職するときに、自分で探すってなったら何に注意したらいいのかなぁ?

転職に失敗しないためにはどんなことに気をつけたらいいんだろう?

やっぱ転職サイトとかハローワークに行った方がいいのかな?

パイセン
パイセン
今回は看護師が自分で探して転職するときに確認すべきことを紹介していきます。
マイナビ看護師 [求職者募集]

看護師が自分で探して転職するメリットとデメリットとは?

ナス子
ナス子
うーん自力で探して転職するメリットって何があるかな
パイセン
パイセン
初めてだと想像しにくいかなぁ?メリットから順番にまとめていこうか

まず看護師が自分で探して転職するメリットには以下のような3つの良い点があります。

  • 行きたい病院のみを調べれるため無駄が省ける
  • 自分のペースで転職活動を焦らずできる
  • 病院としてもコストがかからず採用されやすい

逆にデメリットとしては以下の4つがあります。

  • すべて自分で転職活動を行わなくてはいけない
  • 行きたい病院に落ちるとモチベーションが落ちてチャレンジしにくい
  • 情報収集不足になりがち
  • 客観的に転職先を選べない

まずはメリットの部分から順番に説明していきましょう。

看護師が自分で探して転職するメリット

まず自分の行きたいと思ったところだけをリサーチできるので無駄が省けます

正直ハローワークやナースセンターは自分の希望は聞いてくれるものの、関係のない病院も勧めてきたりしますし、転職サイトもアドバイザーの当たり外れで的外れな病院を紹介されたりもします。

そう考えると自分で探す場合は、そのような無駄を省けて目標の病院まで最短距離で転職活動ができると言えます。

また、自分のペースで転職活動を行えるのも良い点です。

たとえば友人や同僚の紹介で転職しようとするとどうしても仲介に入ってる分、転職活動が煩雑になります。しかし、すべてを自分でするのであればそのようなペースを乱されることもなく、マイペースに転職の手続きを進めることができます。

最後が一番のメリットで病院としてもコストがかからず採用されやすいということ。

あまり看護師には関係のない話になるのですが、看護師転職サイトを利用すると看護師を紹介してもらった病院は転職サイトに紹介料(約100万前後が相場)を払わなくてはいけません。

そのためよくある話は以下のようなことをボヤかれるのです。

採用担当者
採用担当者
うーん転職サイトを利用されると紹介料が発生するからなるべく使わずに転職してほしいなぁ

上記はこちらには関係のない話ですが、病院としてはコストがかからない転職サイトを経由しない自力転職の方が助かるため、転職サイト利用に比べて自力転職の方がコストがかからず採用されやすくなります。

看護師が自分で探して転職するデメリット

ナス子
ナス子
自力で転職することのデメリットもたくさんありそうですね。
パイセン
パイセン
自分ですべて行わないといけないからこそのデメリットがあるね。

まず自力だからこそすべての転職活動を自分でしなくてはいけないということ。

どんなに仕事が忙しかろうが、家事が大変であろうがあなたが動かなければ転職は進んで行きません。そのためあなた自身への負担はかなりのものです。履歴書の書き方から、面接の調整、給料条件の交渉まですべて一人で行わなくてはいけませんから。

そして、もし行きたいと思っていた病院に落ちてしまった場合にモチベーションが大きく落ちて次のチャレンジする気力がもてないということも。

転職サイトを利用していればアドバイザーと相談して何がいけなかったのか、次はどこにするのかなど反省や相談ができるものの、自力なため気持ちの持ち直しも自分でしなくてはいけません。

そして自力だからこそ情報収集不足になりがちです。

できる限り病院の内情や雰囲気や人間関係、仕事内容を把握に努めたいものの、どうしてもホームページや求人情報などの表面的な情報しか手に入りにくいというデメリットがあります。

また、主観的に自分がこの病院が合っていると思っていても実際就職してみると合わなかったということも発生しやすいのも難しいところ。周りからの客観的な視点がないからこそ起こることです。

ナス子
ナス子
うーんなんだかメリットもあればデメリットもあるって感じですね。
パイセン
パイセン
そうだね。けど自力でやるからには流れを組めば転職成功にこぎつけることはできるんだよ!

看護師が自分で転職先を探すときの流れ

ナス子
ナス子
自力で転職するときの流れを教えて欲しいです。
パイセン
パイセン
下で説明する流れを組めば失敗のリスクは下げられるよ

看護師が自分で転職先を探すときの流れは以下のようにまとめられます。

自分で転職するときの流れ
  • 自分が気になる病院をチェック
  • 自分で直接電話連絡、面接調整
  • 履歴書や職務経歴書の作成と提出

おおまかな流れですが一つずつ確認していきましょう。

自分が気になる病院のホームページや求人情報のチェック!

まず一番はじめにやることはあなたが気になる病院のホームページや求人情報のチェックから行いましょう。求人雑誌も参考にしましょう。

仮に求人の募集があればそのまま次のステップにうつっていただければよいでしょう。

しかし、希望している病院が看護師募集を行っていないということありますよね。

その場合は以下の流れで対応してください。

あなたが気になる病院が求人募集を行なっていなかった場合

あなたがここで就職したいと思った病院があったとしてもその病院が看護師募集を行っていなかったら転職活動のしようがありませんよね?

そんなときはその病院へ問い合わせを行ってみましょう。

求人募集がない病院への問い合わせの流れ
  • 担当者へ繋いでもらう
  • 採用ページをチェック済みであることを伝える
  • 募集の有無の確認

上記の流れで問い合わせを行いましょう。

例としては以下のような内容で連絡してみましょう。

(病院の代表電話へ連絡を入れる)

ナス子
ナス子
お忙しいところ申し訳ありません。私、(名前)と申します。看護師の求人募集のことで担当の方と連絡をとりたいのですが、よろしいでしょうか。

(採用担当者と連絡が繋がる)

ナス子
ナス子
お忙しいところ申し訳ありません。私は(名前)と申します。

貴院のホームページで求人応募を確認したのですが、現在応募がないとのことでしょうか。恐れ多いのですが、今後正規職員や中途採用で看護師を募集する予定はございますか。

どうでしょうか。概ね上記のように求人情報の有無の確認を行いましょう。

また、基本的には直接の電話連絡で確認を行いましょう。その方が細かい確認がスムーズに行えますし、タイミングさえよければそのまま面接の調整をしてくれる病院もあるくらいです。

メールでも問い合わせは可能ですが、相手方も返す手間を考えると電話で直接が望ましいでしょう。

仮に電話をかけるとなったらすでに転職活動ははじまっている!面接ははじまっている!といった気持ちで丁寧な対応をこころがけましょう。

履歴書や職務経歴書の作成および提出

応募する病院が決まれば次は履歴書や職務経歴書の作成です。

基本的には履歴書の提出だけで事足りる病院がほとんどですが、大手の病院や人気の病院では職務経歴書を提出するよう求められることもありますので、その都度臨機応変に対応しましょう。

履歴書の作成は『看護師転職における履歴書の書き方』に詳しくまとめているので参考にしてください。

看護師が自分で探して転職するときの3つの注意点

ナス子
ナス子
転職の流れはわかりましたけどそのほかに注意することってありますか?
パイセン
パイセン
妥協しないことがいちばん大切かな。

自力で探していると不安になりますが、以下の注意点がありますよ。

  • 自分の希望条件を明確にして妥協しない
  • 病院や病棟見学は必ず行う
  • 条件交渉は慎重に行う

自分の希望や条件を明確にして妥協しない

看護師が自分で転職先を探して転職活動をしていると、以下のように不安になります。

  • 自分の希望や条件に合う求人が見つからない
  • 求人が求めている人材像と違っている

そしてこのようなことがあるとどうしても自分の希望や条件を曲げてまで転職を進めてしまうことも多いもの。

しかしそうやって自分の希望や条件を捻じ曲げてまで転職してしまうと後悔する原因になります。『看護師が転職に後悔する理由』でも解説していますが、まず妥協しての転職に成功はありません。

自分が今の職場にどのような不満があるのか、今度いくところではどのような看護をしたいかなど、自分の希望や条件を明確にして妥協しないようにしましょう。

貴重な情報収集の機会の病棟見学は必ずする

自分で転職活動をしているとどうしても求人情報や病院のホームページなどの情報しか入ってこないもの。

病院の雰囲気や病棟の仕事内容を把握するためにも、病棟への見学は必ず行いましょう。

そのほかには、友人や同僚に転職先の病院に勤めていた、勤めている人がいないか確認して病院の内情を聞くのも情報収集の手段の一つです。

給料や雇用条件の交渉は慎重に

最後に重要になるのが、転職後の給料や雇用条件の交渉についてです。

自力での転職だと提示された給料でそのまま転職というケースも多いですが、そうなると損してしまうことも。

やはりある程度は給料や雇用条件は交渉を行うべきです。

ただ、交渉するときには慎重に行うようにする必要があり、以下の点に注意しましょう。

  • 条件をいきなりいうのではなく面接時の逆質問で提示
  • 条件は最小限に
  • 承認された給料や雇用条件は書面でもらう

まずいきなり条件からいうと、煙たがれるのが当たり前です。面接時の逆質問時や内定が決まってから再度面談の調整を行ってから給料や勤務体制、福利厚生について交渉を行いましょう。

また、条件はあれもこれもと言わずに最低限これだけは譲れないというものだけに絞って交渉しましょう。

最後に条件交渉を行った内容について口頭だけで済ませるのではなく、しっかりと給料や雇用条件の承認内容を書面で提出してもらうよにしましょう。

転職したあとに承認してもらった内容と違うというトラブルも少なく済みます。

自分で探すのが不安という方は転職サイトがおすすめ

ナス子
ナス子
自分で全部したり、給料の交渉なんて自分でできるか不安になってきました。
パイセン
パイセン
そんな方は、転職サイトを利用してアドバイザーとタッグを組んで転職活動を進めるのが安全かもしれません!

看護師転職を一人で自力で探していくのが不安という方は看護師転職サイトに登録してアドバイザーと一緒に転職活動をするのが安全かもしれません。

看護師転職サイトとは、看護師の転職を専門にサポートしてくれるアドバイザーがついてくれて退職から転職までのすべてをフォローしてくれるサービスのことです。

自分一人で自己分析をしたり、自分で求人探しや求人の内情を調べたりするのが不安な方。面接の調整や給料の交渉などが不安な方にはおすすめといえます。

ざっと転職サイトのサービスを紹介すると以下のようなサービスを全て無料で受けることができます。

  • 退職の手続きへのアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書へのフォロー
  • 自分にマッチした求人探し
  • 面接や見学、入職日などの日程調整
  • 面接対策や面接への付き添い
  • 人間関係や環境などの内部情報提供
  • 給料や勤務条件の交渉
  • 転職後のサポート

これらのサポートがすべて無料で受けることができるんです。なぜ無料なのと思ったかたは『看護師転職サイトが無料で使えるのか?』を参考にしてみてください。また、転職サイトについて詳しく知りたい方は『看護師転職サイトとは?世界で一番わかりやすく解説!』を参考にしてください。

自分で探したり、転職活動をすることが不安な方にはとてもよいサービスとなっているので当サイトで紹介している優良転職サイトを吟味して登録をご検討ください。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ