未分類

【圧倒的に下手なイラストで解説!】下肢で点滴ができる穿刺部位とは?

[chat face="woman-nurse.jpg" name="ナス子" align="left" border="gray" bg="gray" style="maru"]

患者の腕に点滴する部位がないよ。もうだめだ。刺すとことがない・・・汗。

[/chat]

と困り果ててしまっているあなた。

患者さまの両上肢で点滴留置できない場合には、下肢にも点滴留置できる血管がありますよ。

この記事では、患者の両上肢に点滴する部位がない場合に下肢で点滴を穿刺部位がどこにあるかを解説しています。

 

※リスクもあるので、合併症やADLなどを加味して、点滴留置するかを判断しましょう。

[chat face="nurse_question.jpg" name="悩む人" align="left" border="gray" bg="gray"]

  • 辞めたいけど辞めれない。
  • 人間関係で苦しいし、腹痛とか胃痛がして毎日仕事場にいくのもしんどい。

[/chat]

というあなた。

無理に仕事を続けると身体を壊し、最悪、心が病んでしまうかもしれませんよ。

無理して続けるよりも転職してしまう方が楽かもしれません。

自力で転職活動を始められないなら、退職から転職までをすべて無料でサポートしてくれる看護師転職サイトを利用してはどうでしょうか?

看護師転職サイトのメリットや選び方、最強のランキングは『【失敗しない】現役看護師がおすすめの看護師転職サイトを厳選!』を参考にしてください。

https://nurse-forest.net/kanngositensyokusaito-osusume

下肢の点滴留置穿刺部位とは

両上肢では穿刺が困難になった場合や両上肢が怪我や浮腫で穿刺できない場合には、下肢にも点滴留置することが可能な血管が2か所あります。

[box05 title="下肢の点滴留置可能な血管"]

  • 大伏在静脈
  • 足背静脈

[/box05]

上記の2か所が下肢の点滴留置可能な血管です。

 

いずれも神経が走行している箇所もあるため、穿刺する際には患者様に疼痛がないか、しびれがないかの確認を行いながら慎重に行うようにしましょう。

また、下肢は患者様のADLを著しく損なう(主に歩行困難となる)ため、点滴の目的を十分に説明し点滴滴下中には安静を保つことを説明しましょう。

下肢の血管は心臓から遠い分、静脈炎や血栓症のリスクも増加するため、点滴留置後の全身状態の観察やバイタルサインの確認は欠かさずに行いましょう。

https://nurse-forest.net/tennteki-tezyun

まとめ

下肢の点滴穿刺部位としては大伏在静脈、足背静脈の2か所を、神経損傷のリスクのある血管としては手首拇指側の橈側皮静脈を紹介ました。

いずれの血管も患者へのリスクを伴う血管のため、知識としてしっかりと身に着けておきましょう。患者の負担を最小限にして、看護師も刺しやすい血管を根気よく探して点滴を成功させましょう。

[chat face="nurse_question.jpg" name="悩む人" align="left" border="gray" bg="gray"]

  • 辞めたいけど辞めれない。
  • 人間関係で苦しいし、腹痛とか胃痛がして毎日仕事場にいくのもしんどい。

[/chat]

というあなた。

無理に仕事を続けると身体を壊し、最悪、心が病んでしまうかもしれませんよ。

無理して続けるよりも転職してしまう方が楽かもしれません。

自力で転職活動を始められないなら、退職から転職までをすべて無料でサポートしてくれる看護師転職サイトを利用してはどうでしょうか?

看護師転職サイトのメリットや選び方、最強のランキングは『【失敗しない】現役看護師がおすすめの看護師転職サイトを厳選!』を参考にしてください。

https://nurse-forest.net/kanngositensyokusaito-osusume

https://nurse-forest.net/tennteki-tezyun

https://nurse-forest.net/saiketu-tezyun

-未分類