転職・退職

福利厚生がいい求人に転職したい看護師の20のチェックポイント!

マイナビ看護師 [求職者募集]
ナス子
ナス子
福利厚生ってどこもあんま変わらないですよね?
パイセン
パイセン
いやいや病院によって福利厚生が手厚いとこもあるよ!ホテル料金を半額にしてくれるとこもあるみたいだよ!

転職するときには、どうしても給料や勤務体制、診療科ばかり目がいって転職先を決めてはいませんか?

でもその決め方だと転職に失敗するかもしれません。

なぜなら仕事をするときに重要なのは給料だけでなく、福利厚生もとても大切だからです。

転職前に福利厚生について調べてから転職しようと考えたあなたは聡明です。

福利厚生は『第2の給料』と言われるほど大切なものです。

今回は、転職候補の福利厚生のチェックするポイント、コツを解説していきます。

マイナビ看護師 [求職者募集]

みんなが大好きお金になる福利厚生・手当

ナス子
ナス子
お金になるってだけでうれしいです。
パイセン
パイセン
まぁ何はともあれ、やっぱりお金だよね!でも手当一つをとってもいろいろだよ!

あなたはお金大好きですか?

管理人は金が大大大好きです!!

やっぱり転職して新天地に行くのなら今よりも給料のいいところに行きたいものです。

基本給が高いところに転職するのはもちろんのこと、福利厚生や手当がいろいろと付く転職先を探すのも大事ですよ!

まずはお金になる福利厚生や手当を紹介し、転職するときの注意点を確認していきましょう。

お金になる福利厚生・手当
  • 夜勤手当
  • 保険
  • 年金
  • 住宅手当
  • 家族手当(扶養手当、介護手当)
  • 通勤手当
  • タクシー券
  • 役職手当
  • 危険手当

看護師の高給の要因!夜勤手当!

看護師といえば、夜勤!夜勤と言えばお金!といっても過言ではありません。

転職するときの求人の条件、福利厚生のチェックポイントでも確認していますが、2交代の夜勤手当は13,000円以上、3交代の夜勤手当は5,000円以上を目安に探すといいでしょう。

夜勤は2交代ならば5回/月、3交代ならば8~9回/月ほどはいることになります。1,000円の違いが年間で計算すると、大きな違いになります。

もし、あなたが給料が安くて納得できずに転職を検討しているのであれば、必ず夜勤手当の金額はチェックしておきましょう。

福利厚生といえば保険

健康保険、雇用保険、労災保険といった保険関係は、就職したらあって当然と思っている人も少なくないのでは?

病院であれば健康保険制度がしっかりしていますが、クリニックや小規模の事業所では健康保険制度がない場合があります。

まさに、医療施設としての希望の大きさに比例して保険制度が充実しているか否かが決まっているようなものです。

次の転職先として、クリニックや小規模の事業所を検討している方は、雇用条件や求人情報に保険制度があるかないかをしっかりと確認してから転職しましょう。

もし保険制度がない場合には、国民健康保険といって市町村の保険に加入する手続きなどが必要になります。

老後を安心に年金

年金制度に懐疑的な若者世代も多いのでは?

本当に年金もらえるの?私たちのときは目減りしてるんでしょ?

年金の種類には、以下の3つが基本です。

年金の3つの種類
  • 公的年金:国運営し20~60歳未満の国民に加入が義務付けられている年金
  • 厚生年金:民間企業に勤める人が加入している年金(看護師は基本これ)
  • 共済年金:公務員や私立学校教職員が加入する年金

看護師として働く場合には、私立の病院であれば基本的には2番目の厚生年金です。

公立病院や国立病院に勤務する看護師は共済年金に加入しています。

しかし、この上記3つ以外にも病院独自に福利厚生として年金を上乗せする企業年金を設置している病院もあります。

企業年金は、厚生年金と同時に加入して年金の積立金を給料から天引きされますが、定年後は厚生年金と企業年金分を上乗せして年金が支払われるため、老後が安心になります。

もし老後の年金生活が心配で安心して老後を迎えたいという人は、企業年金制度を導入している病院を探すといいでしょう。ちなみに企業年金制度を導入している病院を効率よく迅速に探すなら転職サイトを利用するのが手っ取り早いですよ。

アパート代の半額、住宅ローンの足しに住宅手当

福利厚生制度に住宅手当が含まれていることは多いです。

住宅手当は文字通りで、看護師の住宅費の補助のために支給される手当です。

住宅手当があることで、持ち家を建てやすくなったり、安い家賃でアパートに住むことができたりするため恩恵が大きいものです。

住宅手当の特徴としては、大手病院や大学病院など規模の大きい施設の方が手当の金額が充実しているということです。

逆にクリニックをはじめとする小規模の場所では各種手当が少なくなるため、注意が必要になります。

住宅手当は家賃の全額を保証することは少なく、ほとんどの場合は半額か一部だけの補助にとどまります。

支給される金額は病院ごとで異なるので、転職前にどのくらいの住宅手当があるのかをしっかりと確認して今の家賃の負担がどれくらい減るのか、もし引っ越した場合には家賃がどのくらいの負担になるのかを見極めたうえで転職を検討しましょう。

 

家族が多くても大丈夫!家族手当(扶養手当)

家族手当と聞くと一瞬「?」となりますよね。

家族手当は、別名扶養手当ともいいますが、扶養家族がいる看護師に対して、生活補助のために支給される手当です。

家族手当は、法律では定められていない法定外福利厚生制度になるので、病院や施設のトップが「家族がいる人は大変だから補助を上げよう」という考えのもと支給している手当。

家族手当がある病院は、育休や産休、その他子どもの病休などに対しても寛容な印象があります。

家族手当の具体的な金額は、配偶者は約1万円、子ども一人につき約5,000円です。配偶者にこどもが2人になると、2万円ほどの家族手当が支給される計算になります。

1か月で2万なので1年で12万円もの手当になります。

家族がいて、生活費に回したいという方も多いのでは?家族手当が多くもらえる求人を探すには、転職サイトを利用するのをおすすめします。

 

また、自宅で介護が必要な方を扶養している場合には、家族手当のほかに、介護手当という手当を創設している医療機関もあります。

ほぼ8割でる?通勤手当

通勤手当、交通費の補助は看護師として勤めていればもらって当然と思っている人も多いのでは?

実は通勤手当も、法律的には支払いの義務はありません。

そのため病院によって通勤手当の支払いの金額が、全額補助であるところもあれば、一部補助のところとさまざまです。

転職の際には、できれば通勤手当は全額補助の場所にすると、勤務地へ通うガソリン代や電車での定期代の負担が減っていいですよ。

夜勤のお供にタクシー券

夜勤明けや深夜明けの自動車の運転は、酩酊状態と同じくらい事故のリスクが高いといわれています。

そのような過酷な勤務形態を考慮して、準夜や深夜、夜勤者を対象にしてタクシー券やタクシー代の補助を行っている病院もあります。中には1回7,000円ほどの補助を行っている病院もあります。

上限金額が決まっている病院もありますので、「夜勤専従で働くよ」「夜勤のときはできればタクシーを利用したい」という方は夜勤時のタクシー補助があるかないか確認しておくとよいですね。

キャリア組の代名詞!役職手当

看護師師長クラス、主任クラスの看護師が転職するケースは少ないと思いますが、役職手当(管理職手当)も実は病院によってさまざまです。

以下の表にまとめていますが、だいぶ病院によっては開きが大きいようです。

役職 役職手当の目安金額
看護師部長 6万から15万円
看護師副部長 5万~15万円
看護師長 3万~10万円
看護主任 3,000円~5万円

金額だけに目がいきがちですが、役職や管理職につくと残業代が加味されないという病院も少なくありません。

役職に付いたけれども、夜勤の回数が減った、残業代が付かないなどの理由で、給料が減ったという話も聞きます。主任では手当がつかない場合もあるようです。

もし、管理職クラスの方が転職する際には、ある程度のポストが用意されているor役職手当が手厚い場所への転職をおすすめします。

暴力?放射線?針刺し?危険手当

危険手当は、他の仕事であまり聞くことがない手当ですよね。

危険手当とは、看護業務を行うにあたって、看護師自身に危害や危険が及ぶ可能性が高い場合に支給される手当です。

具体的には以下のような診療科では、それぞれ危険手当が支給されていることが多いです。

  • 精神科:患者からの暴力による傷害の危険性あり
  • 放射線科:放射線暴露による身体への影響の可能性あり
  • 手術室:針刺し事故や感染のリスクあり

危険手当の金額も月額3,000円~3万円ほどと、医療機関によってばらつきがあります。

もし、上記の3つを転職先の候補として、求人探しをしている場合には、危険手当の金額も参考にしてみると良いかもしれません。

 

仕事負担を減!プライベート充実の福利厚生・手当

福利厚生で仕事の負担減、プライベート充実
  • 有休・長期休暇
  • 子育て支援
  • 資格取得支援
  • 食事手当
  • ユニフォーム無料支給

休まなきゃ損!有休・長期休暇!

有給休暇は取らなきゃ損するとわかっていても、周りがとらないからなかなかとりづらいという方も多いのでは?

看護師は有休取得割合悪いことで有名です。以下の図を見てください。(出典:日本看護協会「2009年 看護職員実態調査」一部改変し掲載)

実に7割近くの看護師が十分に有休を使えていないことが分かると思います。4割の方は年間で5日も使えていないのです。

有休が使えない理由は、周りの看護師が使わないからではないですか?

であれば、周りの看護師も有給休暇をしっかりととっている医療機関に行けば、あなたも気兼ねなく有給休暇を取ることができますよね。

病院によっては有休取得割合を気にかけている場所もあります。有休がとりやすい環境にあるのか、有休を実際にどのくらいとっているのかは、病院ごとにホームページなどでスタッフの有給休暇取得率や割合を掲示しているところもあります。

休みが多いと、プライベートを充実させることもできますし、買い物にいったり、家族と過ごす時間も取れますよね。

自分で求人ごとでの有給休暇取得率を調べるのが大変という人は、転職サイトの転職コンサルタントに任せてしまえばいいと思います。面倒な手続きや有給休暇取得率が掲載されていない病院の有給休暇取得率も調べてくれますよ。

子どもがいても安心!子育て支援

「今から結婚して引っ越しをする」、「今後子どもがほしいからもう少し身体がらくなとこにいきたい」といった希望がある方も多いのでは?

将来的なことも考えて子育て支援が充実している病院に行くのも大切ですよね。子育て支援して具体的な福利厚生制度は以下のようなものがあります。

子育て支援の福利厚生制度
  • 産前・産後休暇:産前8週以内、産後8週間以内の休みが取得できる
  • 出産手当金:組合や病院から支給されるお祝い金
  • 育児休業:産後休暇後に子どもが3歳になるまで休みをとることができる
  • 短時間勤務・部分休業:職場復帰後勤務を短くしたり、勤務日数を減らせる
  • 院内保育:3歳児までの子どもを院内の保育所に預けれる
  • 病児保育:子どもが病気やケガをした際には保育室へ預けることができる
  • その他:妊娠中の保健指導、健康診断のための休暇、つわり休暇、看護休暇

上記のほかにもさまざまな子育て支援の福利厚生制度を設けている医療機関があります。大病院の方が子育て支援に力を入れている印象です。

転職先の検討の際には上記のような子育て支援がどこまでしているのか、子どもは保育園に預けるのか、院内保育にするのかなども考慮して決めましょう。

専門?認定?いずれにしても資格取得支援

キャリアアップのために転職したいという方は、専門看護師や認定看護師の資格を取得したいと思っている方もいるのでは?

専門看護師は、実務経験5年後、大学院へ入学して2年間専門分野を学び、審査を通過した看護師が得られる資格です。

認定看護師は、実務経験5年度、一定の教育機関にて6か月の教育を受け、震災を通過した看護師が得られる資格です。

以下のような図にまとめられます。

看護師を辞めて専門看護師を目指す方もいるかもしれませんが、基本的には看護師として患者に行った看護のレポート提出や論文などを書く必要があるので、病院に勤めながらとる人も多いです。

しかし、学校へのスクーリングや研修を受けるために有休を消費するのはもったいないような気もしますし、実際それで有休が足りるのかという問題がでてきます。

そこでおすすめなのが、資格取得支援制度がある病院へ転職をして、資格取得をする方法です。以下のような図にまとめられます。

このほか、学校や研修期間中にシフト調整や休みの調整を行ってくれる病院もあります。給料の補助、交通費、授業料、受講料の補助までしてくれるところを探すとなるとなかなか自力では難しいかもしれません。

そんなときこそ、看護師専門の転職コンサルタントに相談するのが一番賢明かもしれませんね。キャリアアップ志向の看護師もたくさんコンサルタントしているので、資格取得支援制度が充実している病院の情報も多数持っていますよ!

昼代、夜食は無料の食事手当

毎日コンビニのパンや弁当だとだんだん飽きてきませんか?かといって毎日弁当をつくるのもハードルが高め・・・。

そこで押さえておきたいのが、食事手当や食事無料提供の福利厚生制度がある病院や施設です。

バイキング形式の場所もあれば、患者と同じメニューの場所もあり、病院や施設ごとで形式もさまざまです。一般的なのは、数百円/1食の食事代の補助です。給料にそのまま現金支給されるため、食堂を利用しても、コンビニで食べてもいいという形式が多いです。

食堂がある病院は少ないですが、病院の食堂というだけあって栄養バランスにも気を使っています。

転職の際に弁当を作るのが面倒な人や、コンビニでは飽きてしまうという人は、食事手当がどのような形式か、食堂があるかなどをチェックするのも面白いかもしれませんね。

破れてもサイズが変わってもOK!ユニフォーム無料支給

あなたの病院はユニフォーム代は給料から天引きされていますか?

私が転職したとき、なぜか給料からユニフォーム代が天引きされており、結構な額になっていたように思います。

ユニフォームの貸し出しやユニフォームの無料支給制度があるところは意外と助かりますよね。ま、大体の病院はユニフォームは自腹で洗濯は無料でしますよってところが多いですね。

ユニフォームは血液汚染したり、汚れたり、破れたりすることも少なくありません。無料支給制度のある場所は、看護業務を気にせずにできる分いいかもしれません。

その他の独特な福利厚生や手当

上記の手当以外にも病院独自に行っている福利厚生制度があるところも。以下のようなものが例です。

独特な福利厚生や手当
  • これ以上きれいになったら大変!エステ割引!
  • 衝撃!契約リゾートホテル半額
  • 痩せろってこと?スポーツクラブ、ジム補助
  • 年1回の宿泊補助
  • 病院が支援!職員旅行、クラブ活動補助

私立の大きな病院では独自にさまざまな福利厚生制度で、看護師を呼び込もうとしています。逆に「この福利厚生制度があるか入りたい!」という病院を探してみるのもいいかもしれません。

まとめ

福利厚生制度一つとってもこれだけ多くの手当や制度があります。

あなたが転職するときには、何を重視したいのか自己分析をしっかりと行っておくと、求人探しのときにも福利厚生制度が何がいるのか、何がいらないかの取捨選択ができるのでよいですよ。

また自分で自分に合った福利厚生制度を探せないという人は、看護師専門の転職サイトに登録してみるとスムーズに探せますよ。ただ、転職サイトに登録したほうがいい人悪い人がいるので必ずチェックしてから登録するようにしましょう。転職はメリット・デメリットが隣り合わせです。慎重に進めていきましょう。

当サイトがおすすめする転職サイトランキングもありますので、あなたが登録したいと思えたところが見つかるといいですね。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ