メリット・デメリット

看護師転職サイトのデメリットは?登録前に確認したい7つの注意点

マイナビ看護師 [求職者募集]

看護師転職サイトへの登録!・・・ちょっと待った!!

あなたの転職がスムーズに進んだり、履歴書や面接対策までしてくれたりと看護師転職サイトのメリットはたくさんあるのですが、その反面、どうしても登録することでのデメリットもあります。

登録したあとにこんなはずじゃなかったと後悔しないように、看護師転職サイトのデメリットとその対処方法を確認しておきませんか?

マイナビ看護師 [求職者募集]

看護師転職サイトの7つデメリットと注意点まとめ

看護師転職サイトを使うことであなたの転職活動は快適なものになりますが、その反面で転職サイトを使ったがためのデメリットもあります。以下のようにまとめられます。

看護師転職サイトのデメリット
  • 転職コンサルタントに当たり外れがある
  • 希望条件ではない求人を紹介される
  • 転職コンサルタントからの連絡がしつこい
  • 地域によっては支援が弱いことがある
  • 転職サイト利用してない応募者がライバルだと不利
  • 公立、国立の転職には使えない
  • 転職後、聞いていた条件、環境と違う

転職サイトに登録する前の注意点として、これらのデメリットの詳細&対処方法を説明させてください。

転職コンサルタントに当たり外れがある

まずはじめに直接連絡を取り合う転職コンサルタントの話です。

転職サイトの特徴は、転職コンサルタントが一人ついてくれて求人情報の紹介から転職の困りごとへのサポートをしてくれます。

しかし、この転職コンサルタントすべてが優秀とは限りません。人間ですから合う合わないがありますし、何より能力的に不満が残る転職コンサルタントもいます。

まず登録した後に電話であいさつから希望条件を簡単に聞くカウンセリングの時間があります。そこでその転職コンサルタントにませられるのか判断しましょう。

もしそこで合わない、任せられないと思えばすぐに転職コンサルタントの変更を連絡しましょう。

円満退職のためにあなたが我慢する必要はまったくありません。

その他にも2点ほど転職コンサルタントに関するデメリットがあります。

順番に紹介します。

 

希望条件ではない求人を紹介される


はじめにカウンセリングを行って、求人の希望や条件を確認しているにも関わらず、希望する条件と違う病院を紹介されることがあります。

ナス子
ナス子
え?私の希望した条件とは違うのに紹介してくるんですか?
パイセン
パイセン
ある人は残業が多いことで有名な病院を残業がないと平気で紹介されたり、育児中にも関わらず夜勤のある病院を紹介されたりするみたいだね。

看護師転職サイトは看護師を紹介することで紹介手数料で利益を得ているので、無理にでも紹介しようとする転職コンサルタントもいます。

条件と明らかに合わないのに強引に勧めてきたり、希望を伝えても希望する病院を探してくれない場合には、転職コンサルタントを変えてもらうのが一番です。また、転職サイト自体を変えてしまうのも手かもしれません。

コンサルタントを変えてもらう場合には、希望や条件と合わない求人を紹介されることをしっかりと伝えましょう。

 

転職コンサルタントからの連絡がしつこい


転職サイトに登録したら、転職コンサルタントからメールや電話で求人情報を教えてもらったり、あなたの希望条件の確認したりします。

しかしこのメールや電話がしつこい転職コンサルタントも中にはいます。

ナス子
ナス子
え?それってずっとメールや電話で鳴りっぱなしってことですか?
パイセン
パイセン
求人情報がほしいだけで登録して、しつこくメールや電話が来ていると感じた人もいれば、転職サイトを何個も登録したがために毎日立ち替り入れ替わり電話がきたっていう人もいるみたいだね。

転職サイトはたしかに転職活動をするのには便利だけど、しっかりと転職したいという気持ちがなく簡単な気持ちで登録すると痛い目を見ることがあります。

転職サイトの登録もたくさんしすぎると連絡だらけになってわけがわからなくなるから最高でも2個にしておいたほうがよいでしょう。

しつこく連絡してくる理由としては、転職サイトは看護師が転職してくれないと利益にならないからです。だから多少強引にでも転職してほしいのです。
しかし、それは一部の転職コンサルタントだけです。

転職コンサルタントは基本的にはあなたの予定や気持ちに沿って転職活動をサポートしてくれます。

もし、連絡がしつこくて転職活動に集中できない、転職コンサルタントと合わないということがあれば、転職サイトにその旨をメールで連絡するか電話で直接伝えましょう。

地域によっては支援が弱いことがある

転職サイトには全国対応と書いてあっても、地域の求人情報をもっていない転職サイトもあります。

都会はたくさんの求人情報があるのに、地方の求人になると途端に少なくなるというサイトがあります。

当サイトで紹介している転職サイトは全国対応で地域の求人情報にも強いサイトのみを紹介しているので、そのようなことはありませんが注意が必要です。

転職サイト利用してない応募者がライバルだと不利


転職サイトを使って転職活動をすると、入植希望者が自力やハローワークを利用しての転職活動だった場合に不利になることがあります。

 

病院としては低コストで人材を雇いたいと思うのが当たり前です。

転職サイトを利用して入職してきた場合、病院は転職サイトに紹介してもらった手数料に約100万円程を支払わなくてはいけません。

一方で病院のホームページで入職希望をしてきた看護師や、ハローワークを利用してきた看護師はコストがかかりません。

ライバルが同じレベルの職歴で同じような看護師経験であれば、コストがかからないほうをとるのは当然ですよね。

 

しかし考えてください?
あなたの転職活動と重なることってそんなに頻繁に起きるでしょうか。

また人材不足と言われている看護師の転職で不採用になることって多いでしょうか。
これについてはあまり気にする必要はありません。

病院の心理としては、すぐに辞めてしまう看護師を多めに雇っておきたいという思いがあります。周りをみても1年に何人の看護師が退職していっていますか?

それを考えれば不利になるより、転職活動をスムーズに条件よく行うほうがメリットが大きいように思います。

公立、国立の転職には使えない


私立の病院や民間病院であれば転職サイト経由で転職は可能ですが、国立や公立病院については転職サイトは使えません。

国立や公立の病院の正規採用試験は6月や9月ごろに行われていることが多く、試験内容も筆記試験や小論文、面接など受験のようなものです。

そのため転職サイトを利用して国立や公立の病院に転職することはできません。

できたとしても、中途採用や契約社員としての採用のみです。

国立や公立に行きたい場合は自分で就職試験の応募を行いましょう。

転職後、聞いていた条件、環境と違う


無事退職から転職がスムーズに行われた後、入職後に実際に転職先にいってみると、はじめに聞いていた条件とは違うということがあります。

当サイトで紹介している転職サイトでは聞いたことはありませんが、入職前に病院に雇用条件や雇用契約を確認しておくことが大切です。

特に給料がどこまでが基礎給料でどこまでが手当なのかなどを明確にしておくと後々違ったというトラブルを減らせます。

 

まとめ

転職サイトの7つのデメリットについて簡単に解説しました。

転職サイトを初めて使う人も、何回目かの利用の人も転職サイトを利用するメリット、デメリットとその対処方法を理解したうえで転職サイトをうまく活用しましょう。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ