転職・退職

看護師から企業・産業保健師に転職するメリット、デメリット!仕事内容や求人の探し方は?

マイナビ看護師 [求職者募集]

あなたは看護師をしていて以下のように感じたことはありませんか?

  • 定時で帰れないし不規則でしんどい
  • 有休休暇もとれないし残業代もつかないのはありえない
  • 昇給も少ないし努力が実らない

 

上記のように悩んで産業保健師や企業保健師に憧れを持つ人も多いのでは?

 

今回はそんな看護師人気の産業保健師や企業保健師について以下のような疑問にまとめて答えていこうと思います。

  • どのような仕事なのか?
  • どんな資格が必要なのか?
  • 年収はどのくらいなのか?
  • 転職するメリットやデメリット何か?
  • 向いている人はどんな人なのか?
  • 産業保健師・企業保健師の求人どうやって探すのか?
ナス子
ナス子
どれも気になる内容なので助かります。
パイセン
パイセン
長い記事になるけどこれを読めば産業保健師に対しての疑問はほとんどが解消されるはずですよ。
マイナビ看護師 [求職者募集]

企業保健師・産業保健師とは?

ナス子
ナス子
企業保健師とか企業看護師、産業保健師とかいろいろと呼び方はありますけどどんな仕事をしているんでしょうか。
パイセン
パイセン
じゃまずは産業保健師とは?という基本的なところから求人の見つけ方までをみていきましょう。

企業保健師・産業保健師とは、企業内の医務室や健康保険組合などで働く保健師を指していいます。

企業保健師や産業保健師は、主に大企業(社員数1000人以上の会社)に勤務しています。中小企業で企業保健師や産業保健師を採用しているところは少ないのが現状です。

ナス子
ナス子
1000人以上ってめちゃくちゃ大手企業じゃないですか。
パイセン
パイセン
そのくらいの規模じゃないと採用する費用対効果が得られないのかもしれないね。

また産業医のように設置義務がないため社会的な地位や評価も高くないのようです。

現役産業保健師です。

(中略)

行政保健師よりは扱いが低く

産業医のように法的に設置義務がないので

そこまでも高い評価とは…。

Yahoo!知恵袋

企業保健師・産業保健師の仕事内容とは?

ナス子
ナス子
企業保健師や産業保健師は具体的にはどのような仕事をしているんですか?
パイセン
パイセン
主には健康診断を元に社員の健康維持・増進をしたり、メンタルヘルス関係の仕事をしています。

企業保健師・産業保健師の仕事内容は具体的には以下のようにまとめられます。

企業保健師・産業保健師の仕事内容
  • 社員の健康管理、健康診断
  • 社員のメンタルヘルス
  • 従業員や来客者の緊急時、体調不良時の応急処置
  • 無断欠勤者、病欠者の訪問や入院調整
  • 過重労働対策・環境整備、衛生管理体制作り

これは実際に産業保健師の友人から聞いた仕事内容に加えて、ヤフー知恵袋で会社の人事部の方の意見も参考にしてまとめています。

健診の事後措置、メンタルヘルス対策、過重労働対策、感染症対策、会社の衛生管理体制づくり、従業員の教育など、臨床とはまったく違う業務のほうが圧倒的に多いので、わたしは臨床経験よりは、保健師としての能力を重視してます。

Yahoo!知恵袋

一つずつどのような仕事内容か確認していきましょう。

社員の健康管理、健康診断

ナス子
ナス子
社員の健康管理や健康維持が基本の仕事ですよね。
パイセン
パイセン
そのベースになるのが健康診断だよ。その実施や準備、実施後のアフターフォローなんかも重要な仕事ですね。

企業保健師・産業保健師にとってもっとも重要な仕事が社員の健康管理と健康維持です。

会社としても、産業保健師に求めているものは、現状の維持はもちろんのこと、社員が健康増進の方向進ませることです。

そして、その健康増進に向かうための基本データとなるのが、健康診断で、健康診断の準備から実施後のアフターフォローまでがルーチン業務になります。

健康診断の結果、要検査、要注意と出た社員への保健指導や健康相談といった部分は次で紹介します。

健康相談、保健指導

ナス子
ナス子
健康相談や保健指導って聞くといかにも保健師って感じですね。
パイセン
パイセン
社員の悩みを聞いたり、健康診断で引っかかった人へのフォローは重要な任務だよ。

企業保健師は、医務室でけがの処置だけをするわけでなく、仕事や人間関係で悩んでいる人の健康相談に乗ったり、健康診断で要検査、要注意となった方への保健指導も重要な仕事の一つです。

最近では、パワハラや過重労働で心身を悪くする方も多く、体調を崩す前に企業保健師に相談して心療内科へ早期に繋げることが大切になってきています。

また、健康診断の結果から再検査や受診が必要にもかかわらず、受診をなかなかしない社員への保健指導や受診勧奨を行うのも仕事です。

「自覚症状がないから」「健康だと思ってるから大丈夫」という社員が多いこと

多いこと。

血液検査や尿検査、心電図検査、レントゲン検査で、生活習慣病である高血圧、高脂血症、タンパク尿、血尿、糖尿病、メタボリックシンドローム、予備軍などなどの異常が出ていること、これを放置するとどうなるのかなど医療的な視点から社員に説明する技術も必要です。

社員のメンタルヘルスケア

ナス子
ナス子
うつ病とか適応障害のひとって最近増えている印象ですね。
パイセン
パイセン
ストレスや過重労働で心身を悪く人はあとを絶たないね。特に心の病気は目に見えない分難しい問題ですね。

社員のメンタルヘルスケアは、企業保健師や産業保健師に対策を求められていることの一つです。

最近は、過重労働や複雑な人間関係によって、ストレスを感じて心を病んでしまいうつ病や適応障害などの精神疾患を発症してしまう人も増えてきています。

企業としても、これらの精神疾患によって休職者や退職者が増えているため、その対策として企業保健師や産業保健師を採用するケースが増えています。

実際私が務めている精神科でも仕事のストレスでうつ病や適応障害を発症してしまい、日常生活すらうまくできなくなっている方をよく見ます。また、不眠になって薬物やアルコールに依存してしまうケースもあります。

最悪の場合、うつ病や依存症から自殺までしてしまうひともいます。

目に見えない分、企業保健師が目を光らせて、調子の悪い社員への関わりをもったり、時には産業医や心理カウンセラーと連携して受診を勧めたりする役割が必要になっています。

従業員や来客者の緊急時、体調不良時の応急処置

ナス子
ナス子
やっぱり保健室の先生的なこともするんですよね。
パイセン
パイセン
医務室にいるから怪我とかの処置はしなくちゃいけないね。あと熱中症とか貧血の対応なんかも必要だね。

産業保健師は、従業員、社員、また来客者が体調不良を起こしたとき、怪我をしたときの応急処置をするのも仕事です。

オフィス業務であれば怪我のリスクは少ないですが、熱中症や貧血、発作を起こす方もいるかもしれません。

また、持病を持っている従業員もいるためそれ付随した対応も求められます。たとえば糖尿病を持っている方が低血糖を起こした時の対応なんかはよくある応急対応かもしれませんね。

産業保健師をしています。

社員の方で、糖尿病で自己血糖測定をしており、自己血糖測定器も持ち合わせたいたとします。

低血糖を起こしていた際に、保健師で血糖測定は、実施してよいのでしょうか?

Yahoo!知恵袋

血糖測定は基本ですし、低血糖であれば本人が一番自覚があるかもしれませんね。経口からブドウ糖を摂取できそうであれば水に溶かして飲ませるべきですし、経口が難しければ静脈注射ができる環境であれば実施しますし、それも難しければ救急対応になるでしょう。

このような急変時の対応もできるようにしておかなくてはいけません。

無断欠勤者、病欠者の訪問や入院調整

先程のメンタルヘルスと少し被りますが、精神的な理由から無断欠勤や病欠となっている社員の自宅への訪問や、やむおえない場合には産業医と連携して入院の調整を行うのも企業保健師の役割です。

以前保健師をしていたときに、ある企業保健師さんから「うつ病により自殺のリスクがある社員がいるため、精神科病院への医療保護入院の支援をしていただきたい」という相談を受けたことがあります。その際に産業医からは紹介状を、受診先の医療機関の調整を家族と相談といったことを事前に企業保健師の方が行っていました。

このケースは珍しいことなのかもしれませんが、企業保健師・産業保健師は個々の社員が健康に働けるように支援するのが仕事です。

過重労働対策・環境整備、衛生管理体制づくり

ナス子
ナス子
健康診断や相談、保健指導以外にはどんな仕事をしているんですか?
パイセン
パイセン
あとは公衆衛生的、医療的な視点から労働環境や衛生管理体制を見直すのも大切な仕事です。

社員が過重労働にならないように環境整備したり、社員やお客様が感染症にかかったりしないような仕組み作りも企業保健師の役割です。

たとえば、以下のようなものがあります。

環境調整や仕組みづくりの例
  • 腰痛のリスクを減らすために作業台の高さ、机の高さを調整する
  • 仕事場の明るさ(ルクス)が適切なのかチェックする
  • 怪我や病気のリスクを減らせるように作業工程を変えれるように相談する

上記はあくまで例ですが、社員が健康に心地よく仕事ができる環境づくりをするのも産業保健師に求められる能力です。

企業保健師・産業保健師に必要な資格とは?

ナス子
ナス子
企業保健師や産業保健師になるためには、何か必要な資格とかあるんですか?
パイセン
パイセン
結論をいうと、看護師資格だけでも十分です。

ここまで読んであなたはこんな疑問を持ちませんでしたか?

  • 企業保健師や産業保健師は何か資格がいるの?
  • 取った方が有利になる資格とかあるの?

結論から言うと看護師資格だけでも十分採用されるということです。

ただ、取っておくとないよりは有利になる資格はいくつかあります。以下の3つです。

有利になる資格
  • 産業保健看護専門家
  • 産業カウンセラー
  • 衛生管理者

順番に簡単に紹介します。

産業保健看護専門家

日本産業衛生学会が設立した産業保健看護専門家は、産業保健領域の実践能力をもつ専門家です。(旧登録産業看護師

「産業保健看護専門家制度登録者」・「産業保健看護専門家」・「産業保健看護上級専門家」の3つの資格から構成されており、それぞれ資格認定試験または資格認定審査に合格することで登録することが可能となります。

上記のようになっており、登録者になるだけでも任意の講習会を受けて試験に合格する必要がありますし、専門家になるためにも試験や実践活動報告、単位取得、学会発表などが必要で産業保健師になってから取得する資格のようです。

登録者のみであれば、筆記試験で取得可能な様子ですので興味のある方は、下記のリンクから確認してみてください。

産業カウンセラー

産業カウンセラーとは、産業現場を中心に活躍し、働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう、心理的な手法を用いて支援するカウンセラーで日本産業カウンセラー協会の資格試験に合格したものだけが『産業カウンセラー』の呼称を使用して活動できる民間資格です。

受験資格を得るには講座を受講し修了する必要がある様子です。

以下は講座内容の引用ですが結構大変そうです。

1. 面接の体験学習 昼間コース:15~16日間、夜間コース:33~38日(いずれも104時間)通学

2. ライブ理論講義 2日間(12時間)通学

3. Web配信講義視聴 32時間相当 e-Learning

4. 理解度確認テスト 13時間相当 e-Learning

5. 実習に関する在宅課題6課題 28時間相当 ホームワーク

引用:講座の概要JAICO

また、講座を受けるだけでも30万円ほどの講座受講料がかかります。

衛生管理者

衛生管理者とは、以下のとおりです。

衛生管理者は、労働者の健康障害や労働災害を防止するために、労働安全衛生法で定められた国家資格です。

衛生管理者の主な仕事は、作業環境の管理、労働者の健康管理、労働衛生教育の実施、健康保持増進措置などです。

引用:衛生管理者ってどんな資格?よくある疑問をQAで解説

衛生管理者は、企業保健師や産業保健師になってから事業主にとるように言われるであろう資格のため、事前に取得する必要はありません。

しかし、保健師の資格を持っていれば、労働基準監督署や都道府県労働局にて、保健師免許証や本人確認証などの必要な書類を本人が提出するだけで「第一種衛生管理者」の資格をすぐに取得できます。

もし保健師の資格をもっているのであれば、産業保健師を受験する前に取得しておけば、履歴書の資格の欄に記載が可能になりますので少し採用試験にて有利になります。

ただし都道府県によって、「第一種衛生管理者」の資格取得に必要な提出物や条件などが違う場合がありますので、「各都道府県労働局」のHPや電話にてご確認の上で申請してください。

都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧

企業保健師・産業保健師の年収ってどのくらい?

ナス子
ナス子
企業保健師って年収が高いって情報があったり、低いって情報があったりどっちなんでしょうか。
パイセン
パイセン
はっきりいうと場所によってマチマチってことだね。

企業保健師の平均月収は約25万円で、平均年収は400万円〜500万円といわれています。

ただ、一部の求人サイトや情報を見ると、年収500万円〜600万円という情報もあります。

この差が生まれている理由は、大企業や大手の会社だと年収が高く、中小企業だと低いからです。

実際ヤフー知恵袋にて現役の産業保健師さんが以下のように答えています。

>産業保健師は女性では高収入ですか?

勤務先によりけり。

大手だからと言って、社員が軒並み高収入とは限らず。

総合職待遇であれば、一般の女性より高収入かも。

医療職の給与体系であれば、勤続10年もすれば

昇給は頭打ち、高卒の技能職に抜かれることも

珍しくなく。

1回、公務員待遇の所に転職しましたが

収入増だったのもあり、

行政勤務の同級生の話を聞いても、

一概に行政保健師が薄給とも思いません。

こちらも行政職待遇か否か、などでも

変わってくるので。

Yahoo!知恵袋

つまり、企業によっては給料や待遇には大きな差があるということです。

年収は低いよりも高い方がよいという方は、しっかりと求人選びをして昇給制度があり、高給料を保証している大手の企業保健師を狙う必要があります。

いずれにしても、企業保健師・産業保健師の年収は400万円〜600万円と大きく振り幅があるということです。

企業保健師・産業保健師に転職するメリット

ナス子
ナス子
企業保健師や産業保健師になる上でのメリットやデメリットも確認しておきたいです。
パイセン
パイセン
ではここからは看護師から企業保健師や産業保健に転職した時のメリットやデメリットを確認していきましょう。

企業保健師・産業保健師に転職するメリットには以下のようなものがあります。

企業保健師・産業保健師のメリット
  • 日勤のみで、土日祝日は休み
  • 福利厚生が充実している
  • 身体的・精神的な負担が少ない
  • 実力や努力に応じて昇給あり

順番に確認していきます。

日勤のみで、土日祝日は休み

看護師から産業保健師に転職する最大のメリットは、日勤のみで土日祝日が休みであることです。

看護師をしていると夜勤があるため、不規則になりがちですが、産業保健師であれば日勤のみになるため、8時半頃〜17時頃までの8時間労働で規則正しく身体的な負担は少なくなります。

福利厚生が充実している

看護師として病院に勤めていると『有給休暇が取れない』『希望通りの勤務にならない』ということはよくあることと諦めていませんか?

その点、大企業に勤めることになる企業保健師や産業保健師は、有給休暇取得率を重要視したり、残業手当や各種手当が充実しており

福利厚生に気を使っています。

クリニックや病院の福利厚生がない状況に比べると大きなメリットと言えます。ただ、入職前にどのような福利厚生制度があるかの確認は必要になります。

身体的・精神的な負担が少ない

日勤のみで土日祝日休みのため規則正しく、身体的に負担は少なくなります。

また、患者の急変や、患者が亡くなったり、患者に酷い言葉を言われたりといったこともなくなるため、精神的な負担もかなり減ります。

基本的にはデスクワークになるため、腰痛や目が疲れたりといった別の問題は出てきますが、看護師に比べて身体的精神的負担は大きく減ります。

実力や努力に応じて昇給あり

看護師の世界はどんなに能力が高くても年功序列の世界。仮に主任や師長などの役職につけば話は別ですが、それも限られた人たちの話です。

しかし、企業保健師や産業保健師は、社員の健康増進や健診データが良くなったなどの実績があれば、実力や努力に応じて昇給を行う企業が多いのです。

自分の仕事がそのまま評価につながるため仕事へのモチベーションが高く維持できますし、社員のため会社のためにやろうという気持ちで仕事ができます。

また、あなたの頑張りがそのままボーナスにも反映されるため、研修会への参加、セミナーへの参加や各種資格の取得にも積極的になれます。

企業保健師・産業保健師に転職するデメリット

パイセン
パイセン
メリットだけなくデメリットもいくつかあります。
ナス子
ナス子
メリットもあればデメリットもあるってことですね。

企業保健師や産業保健師のデメリットは以下のようにまとめられます。

企業保健師・産業保健師のデメリット
  • 求人情報が少ない
  • 看護師の同僚や相談相手がいない
  • 看護技術、医療処置スキルが低下する
  • ビジネスマナーを身につける必要あり

詳しく解説していきます。

求人情報が少なく、競争率倍率ともにとても高い

企業保健師や産業保健師は、求人情報が少なく、募集があれば競争率、倍率ともに高く、企業保健師や産業保健師になること自体が大変です。

企業もたくさんの人数の応募をせず、1名の募集にとどまることが多く、募集期間が短かったり、『非公開求人』として看護師転職サイトにのみ求人掲載をすることもあるため、求人情報自体も見つけにくいです。

看護師の同僚や相談相手がいない

上記でも説明したとおり、企業に産業保健師として採用されるのは1名か2名程度です。2名いたらいいくらいです。

急変時の対応で周りを見ても医療職が自分しかいないという状況で判断に迷う場面は多々ありますし、相談したくてもできないという状況にもなりやすいです。

1人で考えて判断し決断する能力も求められます。

看護技術、医療処置スキルが低下する

上記の仕事内容をみて貰えばわかりますが、看護技術や医療処置をする機会自体がすくないため、あなたの看護技術や処置スキルが低下していきます。

もう病棟や臨床の現場に戻る予定がないという方は大丈夫ですが、企業保健師や産業保健師が合わなかった場合には、看護師として復帰するつもりの人は注意が必要です。

ビジネスマナーを身につける必要あり

看護師をしていると、どうしても名刺を渡す機会や、他の組織にメールを送ったりする機会がないものです。

名刺の渡し方やメールの送り方にもルールやビジネスマナーがあります。それらを勉強する必要があります。

また、産業保健師は、社員の健康管理をしたり、健康診断のデータ管理をするのにパソコンスキルが必要になります。

たとえば、社員向けにパンフレットを作るにしてもWordの技術がいりますし、健診データの管理にもExcelの処理が必要だったり、社員向けの講習を行うならPowerPointのプレゼンテーション能力が求められます。

ビジネスマナーやパソコンスキルは事前に勉強しておくと安心かもしれませんね。

企業保健師、産業保健師に向いている人の特徴

ナス子
ナス子
企業保健師に向いている人っているんですか?
パイセン
パイセン
コミュニケーション能力が高い人や聞き手に回れる人は向いていると言えますね。

企業保健師や産業保健師に向いている人の特徴は以下のようにまとめられます。

向いている人の特徴
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 即戦力になれる人
  • 部署異動や転勤に対応できる人

社員の悩みをゆっくりと聞いて解決へ導くため、コミュニケーション能力が高い人は、産業保健師に向いていると言えます。

看護師から転職するのであれば、患者と会話する機会、接する機会があるので鍛えられていると思うのでそこまで心配しなくても大丈夫かもしれません。

臨床での経験を活かして健診データの読み取り、そこから考えられるリスクなどをすぐに社員に還元できる、いわゆる即戦力の方も向いているといえます。

そのほかには、大企業で部署や支所がたくさんあるため、転勤や長距離の移動にも対応できる人は向いているというよりは、企業が求めている人材と言えます。

企業保健師や産業保健師の求人の見つけ方・探し方は?

ナス子
ナス子
でも求人が少ないんですよね、、、。

なるべく有利に転職活動をして求人を探したいんですけど。

パイセン
パイセン
それならこれから求人の見つけ方、探し方を紹介していきますね。

企業保健師や産業保健師は求人があまり一般には公開されていません。

その理由は以下のとおりです。

  • 企業としてはたくさん応募が来すぎても精査に困る
  • 1名しか応募しないため、できる限り信頼できる人を採用したいため、知り合いの紹介で採用してしまう

ではどうやって求人情報を集めるのかですが、以下の2通りしかありません。

産業保健師の求人の探し方
  • 知り合いからの紹介
  • 看護師転職サイトで非公開情報を集める

まず知り合いからの紹介ですが、基本的には期待できないといえます。看護学校時代の同期、過去の同僚、母校からの紹介などから企業保健師の募集があるかないかを知るのは至難の技と言えます。現実的な方法とは言えません。

そのほかにもハローワークや、看護師協会の職業紹介所、求人情報誌などの求人探しがありますが、産業保健師や企業保健師の求人募集の情報は集められません。

一番効率がよく、すぐに求人情報の連絡がくるのが看護師転職サイトです。

産業保健師の求人情報は看護師転職サイトがおすすめ

看護師転職サイトとは、看護師の転職を専門に取り扱っている会社です。

マイナビ看護師看護のお仕事が有名なところで、看護師転職サイトに登録すると、アドバイザーが1人に1名ついてくれて、あなたの希望にあった企業保健師や、条件の合う産業保健師の求人情報を集めてきてくれます。また、退職から転職活動、入職後のアフターフォローまでしてくれてすべて無料であなたのことをサポートしてくれます。

しかも企業保健師や産業保健師といった世の中に出回りにくい『非公開求人』を効率よく集められます。『非公開求人』とは看護師転職サイト内のみに求人を出すことです。

つまり、看護師転職サイトに登録しないだけでライバルに差をつけられている可能性があります。また、企業によってはマイナビ看護師だけに求人を出したり、看護のお仕事だけに求人情報を掲載したりするため情報戦になりやすいです。できれば、複数の看護師転職サイトに登録して情報戦で負けないように対策しておきましょう。

また、看護師転職サイトに登録すると以下のようなサービスをすべて無料で利用できます。

  • 退職の手続きへのアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書へのフォロー
  • 自分にマッチした求人探し
  • 面接や見学、入職日などの日程調整
  • 面接対策や面接への付き添い
  • 人間関係や環境などの内部情報提供
  • 給料や勤務条件の交渉
  • 転職後のサポート

これらのサポートがすべて無料で受けることができるんです。なぜ無料なのと思ったかたは『看護師転職サイトが無料で使えるのか?』を参考にしてみてください。また、転職サイトについて詳しく知りたい方は『看護師転職サイトとは?世界で一番わかりやすく解説!』を参考にしてください。

以上のようなサービスを使えるため、企業向けの履歴書の書き方、職務経歴書の書き方、面接の対策などなどトータルでサポートしてくれるので、産業保健師への転職の成功率が圧倒的に上がりますし、求人探しに常にアンテナを張る必要も減ります。

実際にマイナビ看護師では以下のような求人が出ていますが、登録しなくては会社名などが非公開になっています。

 

 

 

また看護のお仕事では以下のような好条件での求人が出ています。

このように看護師転職サイトを利用することで効率よく産業保健師や企業保健師の情報を集めることができます。看護師転職サイトに登録した後の流れを確認していくつか登録しておくとあなたの希望に合った求人に出会えるでしょう。

当サイトで特におすすめしているのはマイナビ看護師ですので、マイナビ看護師に関する情報は以下にまとめておきますね。

まとめ

今回は、産業保健師や企業保健師の仕事内容、転職するメリット、デメリットから、企業保健師・産業保健師の求人情報の探し方までをまとめました。

管理人が保健師から看護師に転職した体験談でも話していますが、なるべく多くの情報を集めて、転職を有利にすすめることが大切です。

中でも産業保健師は看護師転職サイトにしか情報を出さない『非公開求人』であるため、情弱になると、その時点でライバルにいい求人を取られてしまいます。

以下でも紹介している看護師転職サイトをいくつか登録しておくことで多くの産業保健師や企業保健師の求人を集めることができて、自分の希望にあった求人を選ぶことができますよ。

情報戦に負けて納得のいかない転職にするのか、豊富な情報の中から好条件、高給料の求人に転職するのかはあなたの選択次第ですよ。

あなたの転職がうまくいくことを願っています。

以下では、おすすめの看護師転職サイト3選を紹介しているので参考にしてみてください。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ