看護技術

転職前に必見!精神科看護師に求められる3つの力とは

マイナビ看護師 [求職者募集]

精神科へ転職しようとするとき、看護師としてどのような能力を求められるのか気になりませんか?
「一般科だと看護技術とかの能力だけだけど、精神科って看護技術って少なめだよな?」「外科だと目に見えるけど、精神科って目に見えない病気だから何を求められるのだろう?」という疑問を持ちながら精神科は楽そうだからという理由だけで転職するのは危険かもしれません。

今回は、精神科へ転職する看護師さんに向けて、現役精神科看護師である管理人から、精神科の看護師に求められる3つの能力を紹介します。いや紹介させてください!せっかく精神科に来てくれるのだから後悔はしてほしくありません。もし、自分にこれらの能力がないという人はこれからつければいいですし、絶対無理という人は精神科はやめておいたほうがよいです。
何はともあれとりあえず読んでみてから転職を考えても遅くないと思います。

マイナビ看護師 [求職者募集]

精神科看護師に求められる3つの能力とは


 精神科の看護師に求められる3つの能力とは、観察力、コミュニケーション能力、切り替え力の3つの能力です。
 一つ一つ順番にどのようなことが求められるのか紹介していきます。

患者の精神症状を見抜く看護師の観察力


 精神科で働くということは、患者の見えない心の病気と向き合うということです。患者の些細な一言、微妙な表情の変化、内面の変化などをいち早くキャッチする観察力が求められます
 観察力といっても外面だけの変化に気づくということではありません。上記した表情や、服装、行動などの外面の変化にも見抜く観察力もそうですが、気持ちの揺れ動き、言動の変化、病識の変化などの内面の変化も気づくことができる観察力が必要とされます。
 たとえば、希死念慮や自殺企図がある患者においては、急に明るく元気になった、服装がキチンとしているなどの変化は希死念慮が強まり自殺を行おうとしているシグナルであることがあります。そのような変化を見つけて外出の制限を検討したり、話を聞く機会を作ったりすることも求められます。
 また、不穏状態で落ち着かない患者の表情や内面の易怒性、幻覚幻聴体験の強度などを見抜き、暴力のリスクがあるのかをアセスメントすることも観察力に含まれます。
 患者の精神症状の変化にいち早く気づき、ときには主治医への薬剤調整依頼、看護師同士での情報共有など、観察力は精神科で最も求められる能力の一つです。

患者のみならず、スタッフ間で情報共有するコミュニケーション能力


 患者の不安感や絶望感に寄り添い、話を聞くコミュニケーション能力も大切な看護技術の一つです。傾聴とはいうものの、ただ単に話を聞くだけでなく、患者の悩みの原因はなにか一緒に考えたり、患者の病気への認識を改善したり、患者のお薬への不信感を和らげたりするのも看護師のコミュニケーションが大きく関わっています。
 患者のみならず、看護師同士で情報共有できるコミュニケーション能力も求められます。患者の1時間近く話し続けた内容を要約して簡単に共有すること、患者の幻覚幻聴体験、妄想など言葉にできない感情を代弁して医療スタッフで共有することなど、スタッフ同士でのコミュニケーション能力も大切な精神科看護師の力です。
 精神科看護師のコミュニケーション能力によって、患者と医師、患者と家族の間に入って架け橋になる役割もあります。

患者からの言葉に左右されない鋼の心と切り替え力


 精神科の特徴として、幻覚幻聴体験に左右されて看護師に対して暴力や暴言をはいてくることも少なくありません。また妄想による考えを1時間近く聞かされることもあるでしょう。このような精神症状によって起こる行動に対して、冷静に対応し、引きづらない能力も大切です。病的体験からくるもので、自分に対してやっていることではない、しかたないことだと切り替えれる能力を持っていることが重要です。
 なかなか気持ちを切り替えれずにひきづってしまったり、患者との距離感に困ってしまうこともあるでしょう。しかし、そのような気持ちは患者にも伝わってしまいます。もし、精神科に転職しようとするのであれば、気持ちを切り替える力は見つけておくべきです。
 逆に、プライベートと仕事を完全に分離して行える看護師さんは向いているかもしれません。

まとめ

 精神科の看護師に求められる能力について簡単に解説していきました。観察力から汲み取った患者の精神症状や病的体験を、コミュニケーション能力を使ってどのようにつらいのか、何が原因になっているのか聞き取り、医療スタッフ間で情報共有して患者の治療に繋げていく、一連の流れができるようになればベストですね。また、患者の一挙動で動揺せずに、病状によるものだと割り切る、切り替える力も大切になります。
 精神科看護師への転職を考えるきっかけになれば幸いです。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ