精神科看護

転職を考えているあなたに贈る精神科看護師のやりがいとは!?

マイナビ看護師 [求職者募集]

 あなたは今、転職先の候補として精神科を検討しているけれども迷ってはいませんか。
 「精神科でのやりがいってなんだろ?」「実際に仕事している人はどんなやりがいを感じているのだろう?」と疑問に感じていませんか。

 今回は、現役精神科看護師の管理人の体験談を踏まえて、精神科のやりがいを紹介していきます。全部が全部当てはまらなくても、こんな「やりがい」があるのなら精神科に行ってもいいかも、行きたいかもと思っていただければ嬉しいです。

マイナビ看護師 [求職者募集]

精神科看護師のやりがいとは

患者の回復に精神科看護師が貢献できる


 一般科では、病巣がどこにあるのか、何が原因になっているかある程度わかっていて入院してくる患者がほとんどです。例えば、それが癌であれば外科的手術を行いますし、抗がん剤の投与を行います。看護師が関わる部分といえば、採血や点滴の管理、術後の全身状態の観察やケアが中心になり、看護師が治療に参加するというよりは、治療の中心には医師がいて、その補助を行う印象が強いです。

 しかし、精神科は薬物治療によって長期入院が必要な患者が多く、お薬の調整だけでなく、普段の生活リズムを一緒に考えたり、家族とのかかわりを考えたりと、医師と看護師がチームを組んで治療に貢献することが多くあります。

 私が精神科に来たときは、患者の治療方針のカンファレンスにおいて薬物的な治療だけでなく、精神的なサポートをどうするかという部分に看護師の意見が取り入れられることが多く見られ、感動しました。医師も看護師が普段かかわっている様子がどうかという「看護師の視点」をよく聞いてくれる印象です。

 精神科は、患者の普段の生活がどうか、何に不安を覚えるのか、どんな言葉に反応するかなど、患者の側で多くの時間関わっている看護師の観察力やアセスメント力が活かせる場です。一般科に比べると、精神科は患者の回復や治療に看護師が貢献していると実感でき、やりがいを感じることができます

患者の回復までのプロセスに寄り添える


 よくも悪くも今の医療の現場は、「病院から地域へ」という風潮が強くなっています。一般科のみならず、精神科でも同じで、長期入院の時代から短期入院へとシフトしている最中です。

 しかし一般科での入院期間は1~2週間、もっと短いことがほとんどですが、精神科は急性期でも約3か月は入院しているケースがほとんどです。そのため、患者と関わる時間が長く、患者の回復までのプロセスに寄り添った看護を展開しやすく、そこにやりがいを感じる人も多いです。

 私も実際に一般科で看護師をしているときには、入院期間がとても短く受け持ちの患者と実際に合って話をするのが3~4回だったということがよくありました。(私が会いに行けてなかったのでは?という指摘は勘弁を笑)しかし精神科では、約3か月ほどの入院期間があるため、患者の生活歴から、今回入院になった経緯、これから患者本人がどうしていきたいのか、家族がどうしていきたいのかといった患者の生の情報を、受け持ち看護師自身が聞くことができ、回復に向けた看護計画をじっくり考えることができます

 統合失調症の患者であれば、幻覚妄想の症状がひどくなり暴れてしまい入院してしまった。その原因は怠薬にあるけれども、なぜ怠薬してしまったのか。怠薬の背景にある、お薬への陰性感情や、副作用への恐怖、依存への恐怖、仕事上お薬を定期内服するのが難しい、などなど、患者がなぜ入院となったのか向かい合って振り返る時間を持てます

 そこから患者に合った怠薬防止策を一緒に考えることができます。お薬を副作用の少ないものするのはどうかと医師や患者本人、家族を交えてカンファレンスを行ったり、副作用や依存への正しい知識の習得、定期内服が難しいのであれば外来通院時に注射薬(デポ剤)へ変えること医師と相談したりと・・・このような個別性の高い計画や看護を実際に行うことができます
 精神科の治療はオーダーメイド(個別性が高い)と言われる所以がここにあります。

 短期間入院ではなかなか患者や家族と関わることができず悶々としていたころの自分が嘘のようです。
 患者の回復に向けた計画を、患者・家族・医師、そのほか他職種と協力しながら考えることできること、実際に回復していく過程を見ていけることは精神科の看護師になったからこそでそれこそがやりがいと感じます。

まとめ

 現役精神科看護師の経験を交えながら、精神科看護師のやりがいを紹介しました。一般科に比べると患者とコミュニケーションをとる時間が長いので、看護師として患者の生活変容や治療への参加貢献がたくさんできるのが精神科の魅力です。また、入院時と退院時では表情や言動が違うのも精神科ながらではかもしれません。そんな回復の過程に寄り添っていけるのも精神科だからこそのやりがいです。

 今一般科でなかなか患者と関わることができず、看護師同士のいざこざにうんざりしている方や、もっと患者と一緒に治療にかかわっていきたいと考えている看護には精神科はぴったりとだ思います。患者に寄り添いながら、医師とも相談しあえる精神科で一緒に仕事をしてみませんか。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ