看護技術

看護師必見!薬物中毒や術後によるせん妄の看護と対応!

マイナビ看護師 [求職者募集]

 患者がICUでのせん妄、薬物によるせん妄やアルコール離脱症状によるせん妄状態となった際の対応で困ったことはありませんか。いきなり血相を変えて興奮し攻撃的になったり、意識混濁状態で居室内をうろうろし始めてどうしたらよいかと悩んだことがあると思います。
 せん妄状態となった場合、真っ先に薬物による鎮静を考えがちですが、一呼吸おいて今一度、せん妄の患者へどう対応するのかをまとめてみました。

マイナビ看護師 [求職者募集]

せん妄状態になると何が危険(リスク)なのか。


 せん妄状態でもっとも危険なのは、自傷や他害の恐れがあることです。患者はせん妄状態になると、興奮や不穏が激しく安静が保てない場合もあります。また、興奮や不穏によりスタッフへの攻撃性が出現することもありますし、自分自身を傷つける恐れも出てきます。激しいせん妄の症状が出た際には、医師と相談のうえでハロペリドールをはじめとする薬剤による鎮静を検討してもらいましょう。
 その次に危険なのは、転倒・転落と点滴ルート類の自己抜去です。術後や薬物によるせん妄は、患者にふらつきがあることがしばしばです。ふらつきがある場合には、必然的に転倒・転落のリスクは高くなります。また、意識混濁により目についたものへの反応性も上がります。点滴ルートや胸腔ドレーン、留置カテーテルなどルート類を混乱した状態で抜いてしまうことがあります。

せん妄が出たときにはどう対応したらよいか。


 せん妄が出たときには、患者の安全確保が第一に優先されることです。例えば興奮が激しい場合や安静を維持できないのであれば、できるかぎり早期に鎮静することが求められます。つまるところ、薬物療法による鎮静です。興奮や不穏が激しい場合には、医師と相談のうえで薬物治療を検討しましょう。興奮が激しくない場合や不安感が強い場合には、患者の生活環境の調整や、患者の話を聞き安心感を持てるように関わることが重要となります。せん妄への対応は以下のようにまとめれます。

せん妄への対応
  • 薬物療法
  • 環境調整
  • ルート類の調整
  • 傾聴・声掛けにより不安感を取り除く
  • 抑制
  •  基本的には、薬物療法で鎮静をかけることとなりますが、そのほかの対応も重要なので順番に解説していきます。

    薬物療法


     せん妄による興奮や不穏状態は患者それぞれで違います。見当識障害による不安が高まり、不穏、興奮状態の患者の安全や安静を保つ意味で、早期に鎮静をかける必要があります。薬物療法によるせん妄治療は、せん妄治療ガイドラインにも乗っており、薬剤による鎮静が推奨されています。
     ただ、薬物療法を行わなくても、環境調整や傾聴で症状が改善するケースも少なくありません。また、薬物療法を行わなくても数日でせん妄症状が改善することもあります。薬物療法を第一選択とせず、患者のせん妄に合わせた対応が重要です。
     薬物療法には、抗精神病薬のハロペリドール、非定型抗精神病薬のリスペリドン、オランザピン、クエチアピンなど選択肢はさまざまです。医師の指示に従い施行し、薬物による副作用のふらつきの確認、EPS症状のアカシジア、パーキンソニズム、不整脈などを注意深く観察しましょう。また、内服可能なのか不可能なのかもアセスメントが重要となります。患者への侵襲は避け、なるべく経口からの内服を勧めるようにしましょう。興奮、不穏状態での筋注や静注はそれだけで患者、スタッフへのリスクが高くなります。

    環境調整


     転倒・転落によるリスクや器物破損のリスクを下げるために、環境調整は重要です。まず、患者のベッド周辺を整理整頓しましょう。ベッドはできる限り低くし、ベッド柵を利用し転倒・転落のリスクを下げます。また、患者の手の届く範囲に処置物品を置かないようにしましょう。特に、注射器や刃物類などは自傷他害のリスクを上げますので「一瞬だけ」と思っても患者の側を離れる際には回収してから離れましょう。夜間は真っ暗にせずに薄暗い照明にし、転倒予防をします。
     せん妄では見当識障害が出現することもしばしばあります。ここはどこであるのか、今何日で何時なのかなどが患者にわかるように、カレンダーや時計などを患者の見やすい位置に置くようにしましょう。

    ルート類の調整


     点滴ルートや胸腔ドレーン、留置カテーテルなどのルート類は、患者の不安を増長し、自分で引っこ抜くリスクが高いです。可能であればルート類は最低限になるようにします。また、自己抜去のリスクを減らすために、患者の視界に入らないようにルート類や点滴台の位置を調整すること、自己抜去できないようしっかりと固定すること、興奮時にルート類がからまらないようゆとりをもって固定することなどが大切です。

    傾聴・声掛けにより不安感を取り除く


     せん妄時、患者には失見当があり、「ここがどこであるか」「今日が何日か」「なぜ入院しているのか」などがわからなくなります。患者は状況が理解できず不安で不安で仕方ないはずです。患者の訴えをよく聞き、関わるスタッフはゆったりとした声色で大きな声で話かけるようにします。抽象的な表現は避け、簡単な言葉でわかりやすく話しましょう。幻覚妄想体験に左右されている患者には、否定も説得もせず、話題を変えることや距離をとるなどしましょう。

    抑制


     せん妄による興奮や不穏が激しい場合や、幻覚妄想体験に左右され自傷のリスクなどがある場合には、やむを得ず抑制を必要とすることもあります。抑制は、身体的にも精神的にもストレスがかかる対応なので、安易に抑制を行わず、医師や看護師などの複数でのカンファレンスを行い慎重に抑制の検討を行います。抑制をする場合にも肺塞栓症や褥瘡などの合併症を起こさないように観察します。

    まとめ

     せん妄への対応をまとめました。第一選択は、薬物療法ですが、そのほかの環境調整や傾聴なども看護師として重要なスキルです。患者への侵襲を最低限にできるようせん妄への対応力を磨いていきましょう。

    マイナビ看護師 [求職者募集]
    マイナビ看護師 [求職者募集]
    管理人が実際に使った転職サイト3選!
    利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
    看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
    運営会社 株式会社マイナビ
    対応地域 全国
    転職支援金 なし
    公開求人数 25,000件

    詳細ページ公式ページ

    あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
     求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
    運営会社 レバレジーズ株式会社
    対応地域 全国対応
    転職支援金 なし
    公開求人数 20,000件

    詳細ページ公式ページ

    非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
    取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
    株式会社 ディップ株式会社
    対応地域 全国対応
    転職支援金 なし
    公開求人数 91,500件

    詳細ページ公式ページ