採血

【イラストで一発理解?】上腕で神経損傷リスクのある血管とは

ナス子
ナス子
普段、点滴とか採血とかしてるけど神経損傷のリスクのある血管にも刺していないかな。

と疑問を持ったことはありませんか。

こんちは。『看護師の森』の管理人で現役精神科看護師のハチ(@nurse_forest)です

採血や点滴の業務って看護師にとって避けられない業務ですよね。

でも知らず知らずのうちに患者の神経を損傷していたとしたら怖くないですか?

今回は、採血や点滴で神経損傷を起こすリスクがある血管を紹介していきます。

この記事を読んで明日からの採血や点滴では神経損傷リスクのある血管に刺すのは後回しにしていきましょう。

上肢で神経損傷のリスクのある血管とは

上肢での採血や点滴の時に探しやすくて刺しやすい血管があります。

それは、手首の拇指の根本延長線上にある橈側皮静脈です。

この血管は触知しやすく、太くまっすぐなため穿刺しがちですが、最終手段としておきましょう。

避ける理由としては、神経損傷のリスクのある血管だからです。

手首拇指側の橈側皮静脈の手背側には橈骨神経が広く並走しています。

そのため神経損傷のリスクが高い血管です。仮に、神経を刺してしまうと、拇指まで突き抜けるような「ピリリっ」とした痺れが走ります。

痺れは数日で回復するケースがほとんどですが、最悪の場合には痺れが残る神経損傷の後遺症残る場合もあります。患者の負担も考えると、避けるべき血管といえるでしょう。

まとめ

意外と普段から使っている血管でびっくりした方もいるかもしれませんね。

もし橈骨皮静脈で手技をする際には、腕の内側から刺すようにすれば、神経を避けながら刺すことができますよ。

 

 

ABOUT ME
ハチ
ハチ
石川県で2児のパパをしながら精神科看護師として奮闘中。 当サイトでは看護技術から看護師の転職、ブログノウハウまでを紹介。 Twitter:@nursehachiblog
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ