未分類

幻覚・妄想の出る統合失調症の陽性症状とはどんなものなの?

 統合失調症は、暴れたり攻撃的になる疾患と勘違いしていませんか。確かに医師や看護師に暴言や暴力を起こす患者も中にはいますが、それはすべて統合失調症の陽性症状に影響された症状です。[br num="1"][br num="1"]

 今回は、統合失調症の陽性症状について詳しく解説していきます。これを読めば、統合失調症の患者が興奮して攻撃的になったり、急に暴れたりするのかがわかります。

統合失調症の陽性症状とは

 統合失調症は、暴れたり攻撃的になる疾患と勘違いしていませんか。確かに医師や看護師に暴言や暴力を起こす患者も中にはいますが、それはすべて統合失調症の陽性症状に影響された症状です。

 今回は、統合失調症の陽性症状について詳しく解説していきます。これを読めば、統合失調症の患者が興奮して攻撃的になったり、急に暴れたりするのかがわかります。

統合失調症の陽性症状とは

 統合失調症の陽性症状とは、幻覚、幻聴、妄想、思考障害といった症状を呈する急性期の症状のことをいいます。統合失調症の代表的な症状の幻覚や妄想も陽性症状です。
 注意が必要なのは、幻覚や妄想があるからといって必ずしも統合失調症でないということです。幻覚や妄想が何から出現しているのかを精査することが大切です。幻覚や妄想は、水中毒からの低ナトリウム血症の症状でもありますし、術後のせん妄状態でも出現しますし、双極性障害の患者にも出現するケースがあります。

現実にはありえない体験をする幻覚・幻聴

 統合失調症の代表的な症状である幻覚・幻聴とは、「誰かが頭の中に話しかけてくる」「自分のことを話している声が聞こえる」「誰かに監視されている」など実際にはありえない体験のことを指します。
 実際にはありえない体験をしているとわかっている場合もありますが、ほとんどの患者は幻覚・幻聴体験を本当に体験していると感じています。そのため、家族や医療スタッフが幻覚・幻聴体験であることを説明しても納得できません。幻覚・幻聴体験は、患者自身を否定する内容が多いです。たとえば、「お前が悪い」「死ね死ね」「噂話が自分の悪口を言っている」などといった具合です。
 そのため、幻覚・幻聴体験をしている患者は、幻覚・幻聴体験に左右されて不安になったり、周りへの不満がつのっていきます。その結果、不安や不満が爆発して興奮し、自分や他人を傷つけそうになったり、物を壊したりといった行動を呈します。
 また興奮などしなくても、幻聴からの命令でおかしな行動をしたり、突然一人で話はじめたり(独語)、突然笑いだしたり(空笑)といった奇異な行動をとり場合もあります。

事実とは異なる思い込みを修正できない妄想
 統合失調症の妄想症状とは、実際にはありえない思考内容を事実と思い込んで修正できない状態を言います。妄想の種類はさまざまで、「自分のことを嫌っている」「みんなが悪口をいっている」と感じる被害妄想、「自分は王家の一族である」と思い込む誇大妄想、誰かに監視されていると感じる注察妄想などです。

妄想の種類
  • 被害妄想:あの人は自分のことを嫌い、悪口を言われている
  • 関係妄想:あいつとあいつは裏でつながっている
  • 注察妄想:外を通る車は全部スパイで自分を監視している
  • 誇大妄想:自分は王族である
  • 追跡妄想:誰に追われている
  • まとめ

     統合失調症の陽性症状を簡単に解説しました。
     統合失調症の陽性症状は発症当初や急性期の症状で、幻覚や妄想によって暴れたり暴言を吐かれたりする興奮状態になるケースも少なくありません。統合失調症の患者がなぜ興奮してしまうのか、その背景にある陽性症状の存在を理解して、患者に寄り添った看護ができれば幸いです。

     統合失調症の陽性症状とは、幻覚、幻聴、妄想、思考障害といった症状を呈する急性期の症状のことをいいます。統合失調症の代表的な症状の幻覚や妄想も陽性症状です。
     注意が必要なのは、幻覚や妄想があるからといって必ずしも統合失調症でないということです。幻覚や妄想が何から出現しているのかを精査することが大切です。幻覚や妄想は、水中毒からの低ナトリウム血症の症状でもありますし、術後のせん妄状態でも出現しますし、双極性障害の患者にも出現するケースがあります。

    現実にはありえない体験をする幻覚・幻聴

     統合失調症の代表的な症状である幻覚・幻聴とは、「誰かが頭の中に話しかけてくる」「自分のことを話している声が聞こえる」「誰かに監視されている」など実際にはありえない体験のことを指します。
     実際にはありえない体験をしているとわかっている場合もありますが、ほとんどの患者は幻覚・幻聴体験を本当に体験していると感じています。そのため、家族や医療スタッフが幻覚・幻聴体験であることを説明しても納得できません。幻覚・幻聴体験は、患者自身を否定する内容が多いです。たとえば、「お前が悪い」「死ね死ね」「噂話が自分の悪口を言っている」などといった具合です。
     そのため、幻覚・幻聴体験をしている患者は、幻覚・幻聴体験に左右されて不安になったり、周りへの不満がつのっていきます。その結果、不安や不満が爆発して興奮し、自分や他人を傷つけそうになったり、物を壊したりといった行動を呈します。
     また興奮などしなくても、幻聴からの命令でおかしな行動をしたり、突然一人で話はじめたり(独語)、突然笑いだしたり(空笑)といった奇異な行動をとり場合もあります。[br num="1"][br num="1"]

    事実とは異なる思い込みを修正できない妄想
     統合失調症の妄想症状とは、実際にはありえない思考内容を事実と思い込んで修正できない状態を言います。妄想の種類はさまざまで、「自分のことを嫌っている」「みんなが悪口をいっている」と感じる被害妄想、「自分は王家の一族である」と思い込む誇大妄想、誰かに監視されていると感じる注察妄想などです。

    妄想の種類
  • 被害妄想:あの人は自分のことを嫌い、悪口を言われている
  • 関係妄想:あいつとあいつは裏でつながっている
  • 注察妄想:外を通る車は全部スパイで自分を監視している
  • 誇大妄想:自分は王族である
  • 追跡妄想:誰に追われている
  • [br num="1"][br num="1"]

    まとめ

     統合失調症の陽性症状を簡単に解説しました。
     統合失調症の陽性症状は発症当初や急性期の症状で、幻覚や妄想によって暴れたり暴言を吐かれたりする興奮状態になるケースも少なくありません。統合失調症の患者がなぜ興奮してしまうのか、その背景にある陽性症状の存在を理解して、患者に寄り添った看護ができれば幸いです。

    -未分類

    Copyright© 看護師転職サポートサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.