転職・退職

看護師の給料は20代は高いけど30代で他職種に負ける?給料をあげる転職術!

マイナビ看護師 [求職者募集]

今回はYahoo!知恵袋にて以下のような質問があったので詳しく答えていこうと思います。

看護師の給料についてです。

看護師は20代の間は他の職種よりも少し給料が高いですが、30代以降は他の職種に追い抜かれてしまいます。

看護師は給料が上がりにくいということもあり、私は家庭の事情でお金が必要です。

そこでなんですが、看護師免許を活かすことができてかつ給料が病院の看護師より高いところに転職しようとするとどこがいいでしょうか。

Yahoo!知恵袋

ナス子
ナス子
給料ってやっぱり30代だと心もなく感じてしまいますよね。
パイセン
パイセン
確かにね、、、。

今回はそんな結婚や子育て、家庭の事情でお金が必要な看護師向けに給料の上げ方や転職術について解説していきます。

マイナビ看護師 [求職者募集]

看護師の平均給料はどのくらい他の職業と差があるのか?なぜ給料が安いのか?

ナス子
ナス子
そもそも、看護師とほかの仕事とではどのくらい給料に差があるんでしょうか?
パイセン
パイセン
たしかにそこがわからないとどのくらい給料が上がったらいいのか?どのくらいの給料が高いのかがわからないよね。

厚生労働省が行った平成29年賃金構造基本統計調査によると、看護師平均年収とは約450〜500万円です。

全職種の平均年収は491万円で、女性社会人の平均年収は377万円となっています。

このデータから読み取れるのは、全職種では平均年収は低めだが、女性が多い仕事としては平均年収は高めになっているということ。

その他に、看護師の給料が安い原因は、初任給が高い割に、昇給額が少ないからと言えます。

ナス子
ナス子
やっぱり全体としては、看護師の平均年収は低めになってしまうんですね。
パイセン
パイセン
ただ注目して欲しいのは、平均年収が450〜500万円と振れ幅があること!年収500万円までいければ高いとは思いませんか?

看護師が基本給、年収、手当をあげるためにできる3つのこと

ナス子
ナス子
看護師って給料アップ狙うには転職しかないんでしょうか?
パイセン
パイセン
究極を言うと、転職が給料、年収、手当アップには手っ取り早いと思います。

ただ、転職以外にも管理職を狙ったり、資格取得で給料アップは狙えるよ、、、大変かもしれないけれど汗

看護師が基本給、年収、手当をあげるためにできることは、以下の3つがあります。詳しくは『看護師が基本給、年収、手当をアップする5つの方法』で解説していますので、参考にしてください。

基本給、年収、手当アップの3つの方法
  • 昇進や管理職などの役職を狙う
  • 認定・専門看護師など看護系資格を取得する
  • 転職する

どれも目や耳が痛くなりそうですが、給料アップするのは簡単なことではないということですね。看護師も辛い稼業ですよね。それぞれ簡単に解説していきます。

看護師が基本給、年収、手当をアップする5つの方法

昇進や管理職などの役職を狙う

ナス子
ナス子
正直にいうと、昇進とか管理職狙うのって1番大変じゃないですか?
パイセン
パイセン
た、た、たしかにね!仕事や役割が増える割に手当は雀の涙むてことも、、、、でも給料アップはできるよ!

まず、1番はじめに挙げる給料アップの方法は、昇進や管理職などの役職を狙うことです。しかし、この方法、個人的にはおすすめしません。

ただ、この方法であれば、現在の職場から転職せずに給料アップを狙えますし、見知った現場、人間関係であれば身体的な負担や心理的なストレスも少なくて済みます。

たとえば私の病院であれば以下のような手当が付きます。

  • 看護主任:1万円
  • 看護師長:5万円
  • 看護部長:15万円

この辺りの相場はマチマチかもしれませんが、少なくとも主任を狙うだけでも、年間12万ほど給料が違ってきますよね?

ただ、『昇進しても手当は微々たるもので、会議や役割が増えるだけで余計しんどくなるよ』という声が聞こえてきそうです。たしかに、主任や副師長などになると、会議や外部期間との合同カンファレンスへの参加は強制されて、休日返上になることもあります。

昇進や管理職を狙うのは現実的にはオススメできません。

認定・専門看護師など看護系資格を取得する

ナス子
ナス子
もっと専門性を高めたいと考えているなら認定看護師や専門看護師の資格取得するのがいいかもしれませんね!
パイセン
パイセン
資格取得は長い目でみれば大きな年収アップにもなるね!

2つ目の給料アップの方法は、認定・専門看護師など看護系資格を取得することです。

もし、あなたがある分野の看護の専門性を高めたいと思っているのであれば、1番良い方法でしょう。

単純に給料アップしたいだけという人にはおすすめできません。

認定看護師や専門看護師を取るためにはまず看護師としての臨床経験が5年間あること、また認定看護師であれば6カ月、専門看護師であれば最低2年のスクーリングが必要になります。

6カ月や2年という数字だけでは測れないほど、資格取得は大変です。

まず、スクーリングといっても勉強だけをしているわけではありません。課題として英語の医学論文、日本語の論文をたくさん読むように課題が出されたり、教授から◯◯の本を読みなさいと実費でたくさんの医学書の購入が必要になったりします。

またスクーリングのあいまには仕事をしなくてはいけない方もいるでしょう。仕事場での勤務調整が必要になり、師長に嫌な顔をされたり、夜勤明けに19時頃まで授業があったりといった負担があります。

純粋に看護師としての専門性を高めたいという人にとっては有意義な日々になるでしょうが、ただ単純に給料アップを狙っている人がすることでありません。

そのため、給料アップという視点では、認定・専門看護師など看護系資格を取得することはおすすめできません。

転職する

ナス子
ナス子
昇進、看護系資格ときましたが、どちらも給料アップには、、、。
パイセン
パイセン
やっぱり給料アップするという視点でいくなら、転職が1番おすすめできます。

そして、看護師としての転職もあれば、看護師の資格を活かしながら看護師以外の仕事も増えてきているんですよ。

最後に紹介する給料アップする方法は、『転職する』ことです。

上でも説明したように看護師の平均年収は450〜500万円と振れ幅が大きく、探せばいくらでも高給料で好条件な求人がたくさん見つかります。

また、最近では看護師として病院やクリニックで働く以外にも、看護師の資格を活かしながらも看護師以外の職種で働くスタイルも増えてきています。

給料アップを狙う看護師のために、看護師として働く場合と、看護師以外で働く場合とに分けて紹介していきます。

看護師なら都市部の私立病院か訪問看護を狙うべし

ナス子
ナス子
看護師として働きたいけど給料は高くしたいなぁ。
パイセン
パイセン
そんなあなたは、都市部私立病院か訪問看護が狙い目かもしれないですよ!

看護師として高給料を狙うのであれば、病院でも基本給が高水準の都市部の私立病院を狙うか、人で不足で高給料が基本になっている訪問看護もおすすめです。

まず都市部私立病院は、ほかの公立、国立病院に比べて基本給が高水準にあります。これは、私立だからこそ、病院以外の学校法人での収入があったり、経営に余裕がある部分を看護師に還元しているためです。

たとえば、当サイトがおすすめしている転職サイトの『マイナビ看護師』では実際に以下のような求人が出ています。(2019年7月末現在)

医療法人財団健貢会総合東京病院【病棟】
【月収】28万円~45万円(諸手当込)
【年収】460万円~720万円(諸手当込)
【昇給】年1回
【賞与】年2回(過去実績4ヵ月)

また、訪問看護は、日勤のみの勤務にもかかわらず、人手不足の状態のため看護師を集めるためにも給料が高めに設定されています。また、日勤だけでなく、時間外の訪問看護や24時間オンコール制度のある訪問看護ステーションなどではより高い手当や給料が保証されているところもあります。

たとえば、当サイトがおすすめしている転職サイトの『マイナビ看護師』では実際に以下のような求人が出ています。(2019年7月末現在)

株式会社 BABY’S BREATH リハビリ訪問看護ステーション 陽花
【月収】30.0万円~40.0万円 程度(資格手当込)
【年収】414万円~554万円 程度(賞与込)
【昇給】年1回
【賞与】年2回 計2.0ヶ月(過去実績)

看護師免許資格を活かした看護師以外の18職種

ナス子
ナス子
今回の質問は、看護師の免許を活かしながらということでしたよね。
パイセン
パイセン
そこで看護師免許を活かしながらできる看護師以外の仕事も一覧で紹介しておくね。

 

 

看護師免許資格を活かした看護師以外は、以下の通り18種あります。

病院以外の職場

看護師資格を活かせる仕事

一般企業

・企業の医務室

・CRC

・CRA

・コールセンター

・クリニカルスペシャリスト

高齢者向け施設、

訪問看護など

・デイサービス

・特養、老健、老人ホーム

・訪問入浴

・訪問看護

子ども・学生と関わる職場

・保育園

・乳児院、児童養護施設

・大学の保健室

・看護師養成所の教員

検診・健診・献血ルーム

・検診/健診センター

・献血ルーム

そのほか

・美容クリニック

・イベントナース

・ツアーナー

それぞれの詳しい説明は別の記事『看護師免許を活かしながらできる看護師以外の18種他職種!』で解説しているので参考にしてください。

このように選択肢はたくさんあります。ただ看護師に比べて、夜勤手当や危険手当などの『基本給+α』がなくなるので、給料アップが狙えるかは入念な転職活動が必要になるでしょう。

看護師以外の転職は難しい?

ナス子
ナス子
これだけ看護師以外の仕事があるなんて知りませんでした!けどやっぱり看護師が他職種に転職するって難しいんですよね?
パイセン
パイセン
たしかに看護師から企業保健師や医務室などに転職するのは求人探しが難しいね。

看護師の資格を活かしながら看護師以外の職種に転職するのは難しいです。

その理由はあなたもわかるとおり、看護師の求人は豊富な一方で、看護師以外の他職種の求人は一般には公開がされておらず、もし、応募があっても競争率が高くなかなか内定をもらえません。

実際、企業保健師の採用試験では1人の応募に対して30人の応募があり、30倍の競争率になることもしばしばです。市役所や県の保健師ですら倍率が10倍〜15倍であることもざらなので、上で紹介した企業保健師や企業医務室などは高倍率になるのは当然です。

ナス子
ナス子
じぁそもそも求人探しからできないじゃないですか!!
パイセン
パイセン
たしかに一般的なやり方じゃ求人は探せないね。
ナス子
ナス子
というと、何か方法があるんですか?
パイセン
パイセン
あなたも知っている看護師転職サイトを利用するのが看護師以外の他職種に転職するコツだよ!

看護師転職サイトなら看護師以外の他職種の求人をたくさん持っている!

ナス子
ナス子
看護師以外の仕事を探すには看護師転職サイトを使うのがおすすめみたいですね。
パイセン
パイセン
そのとおり!求人数が圧倒的に少ないから看護師転職サイトを2〜3社登録すると、情報量で負けないし、内定をもらえる可能性も高くなるよ!

看護師が看護師以外の企業保健師や会社の医務室などに転職するなら、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

とくに、企業保健師や医務室といった求人は、一般公開されない非公開求人であることが多いうえに、看護師転職サイトによっては企業が求人を掲載依頼しないこともあるため、複数の看護師転職サイトに登録しておきましょう。

当サイトでおすすめしている看護師転職サイトは『マイナビ看護師』ですが、看護師転職サイトについては以下の記事一覧を参考にしていただければ幸いです。

まとめ

看護師免許を活かして、看護師以外の他職種にもつくことは可能ですが、なかなか求人を見つけにくいです。

非公開な求人を効率よく探して転職したい方は、看護師転職サイトを活用して企業保健師や治験コーディネーターなどの求人に応募していきましょう。

  • 夜勤をしたくない
  • 看護師の人間関係に疲れた
  • 不規則はもう嫌!

上のように感じている人は、看護師以外の他職種が合っているのかもしれませんね。

マイナビ看護師 [求職者募集]
マイナビ看護師 [求職者募集]
管理人が実際に使った転職サイト3選!
利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
対応地域 全国
転職支援金 なし
公開求人数 25,000件

詳細ページ公式ページ

あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
 求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
運営会社 レバレジーズ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 20,000件

詳細ページ公式ページ

非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
株式会社 ディップ株式会社
対応地域 全国対応
転職支援金 なし
公開求人数 91,500件

詳細ページ公式ページ