看護技術

90%以上が精神的に追い込まれている?自殺と精神疾患との関連

マイナビ看護師 [求職者募集]

 WHOが行った調査によると、自殺に至った方の90%以上は、自殺をする前に何らかの精神障害の診断に該当する状態であったことがあきらかになっています。しかし、これだけ多くの人が精神的に追い込まれた状況にあっても、精神科の治療に繋がっていた人は約2割ほどで、それ以外の人は一人で苦しんでいたこともわかっています。
 家族や医療スタッフは、患者本人が精神的に追い込まれた状況にあると自殺のリスクが高まること、どのような精神疾患が自殺のリスクを高めるのか知り、早めの対応ができるようにする必要があります。

 今回は、自殺と関連のある3疾患についても解説します。

マイナビ看護師 [求職者募集]

自殺のリスクを高めるうつ、アルコール、統合失調症の3疾患


 自殺のリスクが高まる疾患としては、うつ病、アルコール依存症、統合失調症の3疾患が挙げられます。

自殺のリスクが高まる精神疾患
  • うつ病
  • アルコール依存症
  • 統合失調症
  • うつ病


     うつ状態にある患者は、孤独感や無価値観ぎ内在していることがおおく、悲観的になったり、気分変動も大きく自殺のリスクが高いです。

    アルコール依存症


     アルコール依存症では、離脱症状によるうつ状態、焦燥感など精神的な状態に加えて、判断力や注意力が低下するため、死へのハードルは下がりやすいです。またアルコール依存症と精神疾患とを併発するケースも少なくなく、うつ病などを併発している場合には自殺の危険性はより高まります。

    統合失調症


     統合失調症では、陽性症状に起因する自殺と、慢性期の生活でうつ状態が起因する自殺があります
     陽性症状に起因する自殺では、「おまえなんか死んでしまえ」「楽になりなさい」などの幻覚や妄想が修正できず、病的体験に左右されて、自傷行為や自殺企図を起こすケースがあります。
     慢性期の生活に起因する自殺は、病気をかかえながらの生活で疲弊し、生きにくさや、孤独感、無価値観が高まり自殺に至るケースです。

    まとめ

     自殺と関連する精神疾患について解説しました。うつ病、アルコール依存症、統合失調症の患者で、死をほのめかす発言や実際に自殺未遂をしているなどの情報があれば、注意が必要なケースとなります。実際にいま自殺に対する発言がなくとも、絶望感や無価値観などに悩まされていることもあります。
     自殺することでしか解決できないという心理的視野狭窄を起こしていることもありますので、患者の発言や行動を注意深く観察し事前に介入できるようにしましょう。

    マイナビ看護師 [求職者募集]
    マイナビ看護師 [求職者募集]
    管理人が実際に使った転職サイト3選!
    利用した看護師の96%以上が満足と答えたマイナビ看護師も大手の転職サイトです。
    看護師の転職後定着率に徹底的にこだわっていますので、あなたが気になる教育制度がどうなっているのか、残業の有無などを詳しく調べて、転職前後で違いがないようにしています。県宗教制度が整った大学病院や総合病院などの給仕が多いのが特徴です。
    運営会社 株式会社マイナビ
    対応地域 全国
    転職支援金 なし
    公開求人数 25,000件

    詳細ページ公式ページ

    あなたの希望の求人が見つかるまで徹底的に探して最後までサポートしてくれるのが看護のお仕事です。
     求人の量、転職コンサルタントの質ともに業界トップクラス。たくさんの情報の中から病院の内部情報を詳しく教えてくれます。初めの転職、スキルアップしたいという看護師さんが多く使っています。
    運営会社 レバレジーズ株式会社
    対応地域 全国対応
    転職支援金 なし
    公開求人数 20,000件

    詳細ページ公式ページ

    非公開求人数が業界トップクラスに多いナースではたらこ。
    取り扱っている求人情報も業界トップクラスです。特に全国エリア別に転職コンサルタント担当制になっているので、地元ならではの情報を持っています。また、看護師のみならず、准看護師、保健師、助産師、訪問看護などの求人にも強い。高給の非公開求人を探すならここですね。
    株式会社 ディップ株式会社
    対応地域 全国対応
    転職支援金 なし
    公開求人数 91,500件

    詳細ページ公式ページ